RSS

まず読もう(このブログの説明など)

どうも、とりおやこです。

このブログについて説明しておきますが、ずっと先頭記事にするので、
読みたい人だけ続きを読んでください。

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップいたしました。
どうぞ、ご利用ください。

2/18(土)
東京 -11 / -5
京都 2 / -3
小倉 -3 / -14

2/19(日)
東京 -19 / -6
京都 0 / 0
小倉 -5 / -13
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

「津村」なのか「カフジテイク」なのか(フェブラリーS2017回顧)

どうも、とりおやこです。

今年最初のG1は、残念ながらハズレでした。
初っ端を当てて、気分よくしたかったんですけどね。

勝ったゴールドドリームに関しては、個人的に無印でしたが、
それは単にチャンピオンズCの惨敗を消化できなかったからで、
世代ナンバーワンの実力であることは間違いないし、
若くてスピードのある馬が強いレースでもあるので、
大人しく負けを認めたいと思います。

ということで、ゴールドドリームについては、語れるものがないので、
ここではカフジテイクについて語ります。

根岸Sを勝って1番人気になったカフジテイクでしたが、
根岸Sでの豪快な勝ちっぷりや、
距離不安だったチャンピオンズCでも4着に食い込んだことや、
そもそも東京が合ってるであろうことを踏まえると、
ギリギリの1番人気は意外なように感じました。

特に、競馬通(という表現で合ってるか分かりませんが…)の間で、
カフジテイクに印を打つことに抵抗感を感じているのを感じました。

この抵抗感の正体は恐らく、
今までさんざん人気にならなかったカフジテイクが、
前走の勝ち方一発で、G1人気馬になったということと、
決して一流ジョッキーではない鞍上のせいだと思うんです。

経験則に従って、こういう抵抗感を感じることは、決して間違ってなくて、
自分でも同じように感じていましたが、
今回の場合、むしろ過剰反応しすぎなようにも感じました。

特に鞍上への不安を、多くの人が抱えているように感じましたが
津村騎手のG1成績は、これまでの乗り馬の質を考えると決して悪くなく、
期待値だけを考えると、マイナスではないように思いました。

「人気しすぎ」とか、「オッズ付きすぎ」ってのは、よく感じるものですが、
全ての要素を、適正に判断するなんてことはできないと思ってて、
要は、何が大事で、何が大事でないか、の取捨選択だと思うんです。

そういう意味で、カフジテイクの評価をするときに、
「津村」という要素が、どれほど大事であるかということを、
今一度考えてみる必要があると思います。

今回、津村Jのカフジテイクは1番人気3着だったので、
負けと言えば負けですが、負けたのは津村なのかカフジテイクなのかは、
改めて考えてみる必要があると思いました。

にほんブログ村 競馬ブログへ

小倉大賞典2017 出走馬指数 ◎ロードヴァンドール

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  72   86   71   78   91    01 レッドソロモン
  70   75   73   89   84    02 ストロングタイタン
  87   89   88   91   85    03 ダノンメジャー
  91   91   83   89   96    04 コスモソーンパーク
  82   77   86   72   89    05 クランモンタナ
  75   89   73   92   90    06 マイネルハニー
  80   86   93   78   82    07 マルターズアポジー
  85   79   89   86   94    08 ベルーフ
  71   93   87   86   75    09 パドルウィール
  90   89   91   77   94    10 ケイティープライド
  84   86   80   90   78    11 クラリティスカイ
  93   83   84   87   93    12 フルーキー
  73   77   87   82   84    13 スピリッツミノル
  87   81   88   94   92    14 ヒストリカル
  94   80   77   79   75    15 ダコール
  76   88   86   80   93    16 ロードヴァンドール
----------------------------------------------------------
◎ ロードヴァンドール

ロードヴァンドールは、デビュー当初からサトノダイヤモンドや
ロイカバードといった強い馬と当たっていて、
成績の見た目以上には強い馬だと思う。

はなみずき賞の、「ノガロ以上、ゼンノタヂカラオ以下」ってのが、
この馬の力を表しているとは思うけど、
当時の、「ノガロ以上、ゼンノタヂカラオ以下」って結構なもんですよ。

ノガロもゼンノタヂカラオも、その後は伸びなかったけど、
ロードヴァンドールはいたって順調です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

フェブラリーS2017 出走馬指数 ◎ノンコノユメ

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  **   **  100  **   **    01 サウンドトゥルー
  **   **   **   **   **    02 ホワイトフーガ
  **   90   **   98   87    03 ゴールドドリーム
  **   **   **   87   **    04 コパノリッキー
  **   **   85   99   76    05 アスカノロマン
  107   **   **   96   96    06 モーニン
  86   85   88   73   92    07 ブライトライン
  96   93   82   67   91    08 デニムアンドルビー
  **   **   **   **  104   09 ベストウォーリア
  85   91   96   99  102   10 カフジテイク
  **   **   **   97   **    11 ノンコノユメ
  89   **   99   **   96    12 ニシケンモノノフ
  80   85   90   90   95    13 エイシンバッケン
  89   86   93   94   95    14 キングズガード
  90   **   **   **   **    15 ケイティブレイブ
  98  111  74   85   68    16 インカンテーション
赤字はダート
----------------------------------------------
◎ ノンコノユメ

ノンコノユメって、セン馬になってからの成績が振るわなくて、
「去勢失敗」とか言われてるようです。

去勢に関して自分は、深い知識も、データも持ち合わせてないですが、
チャンピオンズCでは、同じセン馬のサウンドトゥルーが勝ったので、
去勢について、色々と見聞きしました。

で、そこで言われていたのが、
去勢当初はホルモンバランスの関係から、あまり良くなくて、
半年くらいして男性ホルモンが抜けてから良くなる、ということでした。

これは、勝ったサウンドトゥルー、負けたノンコノユメの両方で語られていて、
個人的には「なるほどなあ」と思いました。

て言うことは、ですよ。
ノンコノユメが去勢したのは去年の夏だから、今が半年じゃないですか?

そもそも、去年2着で、且つまだ若いノンコノユメは、
フェブラリーSで悪いはずがないんです。

気になるのは近走の成績だけで、その原因がハッキリしてるのなら、
こんなに買いやすいことはないです。

ひょっとすると、良くなるのは次からかも知れないけど、
こういうのは、ためらってはダメです。愛とは、ためらわないことです。

にほんブログ村 競馬ブログへ

京都牝馬S2017 出走馬指数 ◎フィドゥーシア

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  80   73   86   81   81    01 トータルヒート
  93   84   82   91   88    02 アットザシーサイド
  75   75   79   71   83    03 ベルルミエール
  86   85   88   82   81    04 アルビアーノ
  74   72   77   82   84    05 エテルナミノル
  86   75   88   71   82    06 スナッチマインド
  61   73   77   83   73    07 ダンツキャンサー
  85   78   81   76   74    08 ムーンエクスプレス
  76   81   72   83   82    09 ペイシャフェリス
  77   83   90   **   92    10 レッツゴードンキ
  77   69   80   77   81    11 トウカイセンス
  76   84   82   84   71    12 エスティタート
  74   79   88   83   83    13 ナックビーナス
  75   77   83   84   83    14 ウリウリ
  78   82   81   81   82    15 ワンスインナムーン
  82   75   78   88   外    16 ラインハート
  84   76   84   74   84    17 フィドゥーシア
  78   76   80   86   89    18 ウインファビラス
赤字はダート
--------------------------------------------------
◎ フィドゥーシア

ほんとうに「なんとなく」なんですけど、
フィドゥーシアには、どこかで狙い目がある気がして、
しばらく眺めていましたけど(本当に眺めるだけ)、
なんかこの馬、コテコテのスプリンターって感じはしないですね。

前目で競馬をすることは多いですけど、
そんなにガンガン行く感じでもなく、
遅いタイムのレースでもキッチリ残せる馬なんですよね。

デビューも1600mだったし、距離延長でも問題ないような気するし、
結構、奥深い馬な気がします。

にほんブログ村 競馬ブログへ

ダイヤモンドS2017 出走馬指数 ◎フェイムゲーム

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  89   88   99   78   83    01 ファタモルガーナ
  74   90   79   70   83    02 ムスカテール
  90   78   78   83   73    03 トーセンレーヴ
  75   80   80   94   85    04 ラブラドライト
  80   81   79   65   92    05 キングルアウ
  66   79   84   81   76    06 ジャングルクルーズ
  93   95   77   80   79    07 フェイムゲーム
  75   82   98   83   94    08 カフジプリンス
  85   86   79   78   72    09 フェスティヴイェル
  81   84   80   82   75    10 サムソンズプライド
  87   78   81   77   83    11 プレストウィック
  62   95   80   81   90    12 アルバート
  77   99   74   78   84    13 サイモントルナーレ
  73   87   74   82   78    14 プロレタリアト
  86   91   81   85   79    15 トウシンモンステラ
赤字はダート
--------------------------------------------------
◎ フェイムゲーム

3000m以上のレースでは、絶対的な実力をもつフェイムゲーム。

ダイヤモンドS連覇のあと、去年が2着ということで、
ピーク超えたように思われてるかも知れないけど、
そんなに変わった感じもしませんけどね。

1着→1着→2着と来ると、下がる一方に感じるのは気のせい。
1→1→2→1だってぜんぜんおかしくないです。

アルゼンチン共和国杯も、上位がかなり強かったので、
5着でも十分強いと思ってます。

にほんブログ村 競馬ブログへ
≪前のページ≪   1ページ/361ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード