FC2ブログ
RSS

まず読もう(このブログの説明など)

どうも、とりおやこです。

このブログについて説明しておきますが、ずっと先頭記事にするので、
読みたい人だけ続きを読んでください。

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップしました。
どうぞ、ご利用ください。

4/20(土)
東京 -25 / 2
京都 -24 / 0
福島 -20 / -6

4/21(日)
東京 -25 / -1
京都 -33 / 0
福島 -22 / -5
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

#フローラS 2019 出走馬指数 ◎ジョディー

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  **   **   11   60   72    01 ローズテソーロ
  44   67   68   72   84    02 シャドウディーヴァ
  54   65   69   72   76    03 エトワール
  **   72   67   71   75    04 ウィクトーリア
  **   **   41   66   72    05 ペレ
  41   61   55   68   68    06 ウインゼノビア
  **   **   **   **   47    07 アモレッタ
  **   **   **   58   76    08 パッシングスルー
  60   78   61   79   83    09 ジョディー
  **   **   **   **   55    10 セラピア
  53   59   52   60   73    11 ネリッサ
  **   **   65   66   76    12 エアジーン
  **   **   **   52   65    13 フォークテイル
  **   40   61   67   66    14 イノセントミューズ
  **   31   71   60   69    15 ヴィエナブロー
  59   59   59   61   67    16 クラサーヴィツァ
  66   71   69   79   77    17 レオンドーロ
  **   **   52   76   80    18 フェアリーポルカ
赤字はダート


◎ ジョディー

指数的には、やっぱりジョディーだと思います。

フラワーCは指数がすごく高く、3歳牝馬としてはかなりのものだし、
クイーンCや赤松賞の指数もなかなか高いです。

それでも、こんだけ人気にならないのは、やはりダイワメジャーですかね。

まあ、自分もためらわないかと言われたらウソになりますが、
それはやってみないと何とも言えないですよね。

ロードヴァンドールやプレストウィックの例もありますから。

ロードヴァンドールとまではいかなくても、どこで止まるかは馬それぞれで、
いかにも距離もたなそうなカレンブラックヒルだって、
秋の天皇賞で5着にはなってますからね。

よく分かりませんが、なんとかなる方に賭けてみます。

にほんブログ村 競馬ブログへ

#マイラーズC 2019 出走馬指数 ◎グァンチャーレ

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  77   75   92   88   80    01 ストーミーシー
  80   78   82   86   83    02 パクスアメリカーナ
  77   82   78   78   92    03 インディチャンプ
  80   95   89   81   **    04 モズアスコット
  87   82   77   78   78    05 コウエイタケル
  79   86   83   84   88    06 ダノンプレミアム
  68   75   65   74   50    07 トーアライジン
  92   88   92   83   84    08 グァンチャーレ
  82   87   79   80   91    09 ケイアイノーテック
  68   74   71   83   84    10 メイショウオワラ 
赤字はダート


◎ グァンチャーレ

かなり強いメンバーが揃ったんで、正直キツイなと思ってるんですが、
過去に何度も◎を打ってきたグァンチャーレを本命とします。

グァンチャーレは、OP特別で抜群の安定感を誇っていますが、
重賞で足りないというのは成績を見てのとおりです。

手薄だったスワンSのようなレースならまだしも、
今回のようなメンバーではちと厳しいのは重々承知しておりますが、
惜しいところまでは来ていると感じます。

去年のマイラ-ズCは、全く相手になりませんでしたが、
金杯ではかなり惜しい瞬間もあったと思います。

京都マイルでは重賞でしか馬券圏内を外していないように、
今回は、コースだけならベスト条件とも言えます。

上との実力差は明らかですが、それはオッズに反映されることで、
実質的には不利になりませんから、思い切って狙ってみます。

にほんブログ村 競馬ブログへ

#福島牝馬S 2019 出走馬指数 ◎デンコウアンジュ

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  100   90   83   **   **    01 ビスカリア
  73   83   77   66   71    02 カレンシリエージョ
  90   91   81   82   80    03 ランドネ
  87   95   55   86   82    04 カワキタエンカ
  78   88   91   92   93    05 デンコウアンジュ
  75   85   77   87   91    06 フローレスマジック
  86   76   81   82   76    07 ペルソナリテ
  83   66   82   92   87    08 ウインファビラス
  **   **   72   98   **    09 ミッシングリンク
  73   71   76   71   89    10 ダノングレース
赤字はダート


◎ デンコウアンジュ

G1の中休みなんで、あまり気合も入ってませんが、
このレースはそのくらいでちょうどいいと思います。

だって、中山牝馬S組をテキトーに買えばいいんですから。

過去10年で中山牝馬S組が8勝もしていて、
中山牝馬での上位2頭の単複回収率は、188%と128%にもなります。

というわけで、それなりに上位を買うのがベターですが、
100%直結するわけでもないので、
どれを選ぶかもテキトーでいいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップしました。
どうぞ、ご利用ください。

4/13(土)
中山 -15 / -7
阪神 -15 / -1
福島 -20 / -9

4/14(日)
中山 -20 / 1
阪神 -10 / -3
福島 -16 / -2
※いずれも、芝/ダートで表示しています。


皐月賞は、かなり高い指数になっています。

サートゥルナーリアは予想以上に強かったですが、
「予想以上」という意味では、他の上位馬の方が強いと感じました。

にほんブログ村 競馬ブログへ

#皐月賞 2019 出走馬指数 ◎ファンタジスト

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  21   60   64   81   82    01 アドマイヤマーズ
  **   50   62   75   74    02 サトノルークス
  54   57   38   75   79    03 ファンタジスト
  **   **   40   77   82    04 ダノンキングリー
  68   70   73   68   75    05 ランスオブプラーナ
  **   14   72   64   76    06 クラージュゲリエ
  48   65   74   79   77    07 ヴェロックス
  52   73   74   73   78    08 ニシノデイジー
  64   63   69   70   81    09 メイショウテンゲン
  **   **   **   21   80    10 シュヴァルツリーゼ
  **   **   41   74   76    11 ラストドラフト
  **   **   40   63   75    12 サートゥルナーリア
  45   外   63   70   78    13 ブレイキングドーン
  55   67   74   72   56    14 ダディーズマインド
  **   54   69   78   75    15 クリノガウディー
  66   41   66   74   77    16 タガノディアマンテ
  40   40   71   74   74    17 アドマイヤジャスタ
  73   63   68   71   76    18 ナイママ



◎ ファンタジスト

今年の皐月賞で本命に選んだのは、フィフスペトル…もとい、ファンタジストです。

わざとらしく間違えましたが、フィフスペトルとファンタジストは良く似ています。

勝ったレースこそ違いますが、2歳の夏に1200mの重賞を勝ち、
その後、京王杯2歳→朝日杯FS→スプリングSと使うも勝ちきれず、
皐月賞に駒を進めて来ました。

フィフスペトルが皐月賞で7着に負けていて、結果的にマイラーだったことからすると、
ファンタジストも同じ道を辿りそうな気がします。

ぶっちゃけ、自分も最初はそのように感じていて、
ファンタジストに印を打つ気なんか毛頭なかったんですが、
プロ予想家メシ馬さんのツイートから、考えが変わりました。




自分は、ファンタジストのスプリングSでの通過順 [10-9-11-8]という結果から、
いかにも距離不安のある馬の末脚勝負に映っていたんですが、
レースを見返してみると、距離不安のある馬が後方で脚を溜めてるような乗り方でなく、
積極的に自分から仕掛けていくような乗り方だったんです。

フィフスペトルも、スプリングSでは武豊Jの騎乗でしたが、
こちらは終盤まで仕掛けなかった結果としての3着で、
ファンタジストとは全く違うレースぶりでした。

結果としては、差して届かずの2着と3着なんで、似たようなもんですが、
その中身は全く違います。

ここまでの実績が似ているので、どちらの馬も似たような実力なのかも知れませんが、
積極的に勝ちにいくかどうかが、勝てるかどうかではすごく重要で、
その重要さは、皐月賞ではなおさらです。

メシ馬さんが言うように、武豊Jは距離が持つと考えているだろうし、
自分もそうだと思っているので、
勝負が済んだ位置から追い込んだフィフスペトルのようなレースでなく、
ファンタジストには積極的なレースをしてもらいたいし、それができれば一発あると思う。

にほんブログ村 競馬ブログへ
≪前のページ≪   1ページ/430ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード