FC2ブログ
RSS

新潟ダート1200ってどんなコースだ?

どうも、とりおやこです。

昨日、「いろいろ調べるのが楽しい」みたいなこと書きましたが、
今日は、実際に調べたネタの披露を少々。

最近、調べて「面白いなあ」と思ったのが、
「新潟ダート1200について」です。

もともと、新潟ダートって直線が長い部類なので、
「多少は差しが利くんだろうか?」という疑問から、
調べたのがキッカケでした。

で、「差しが利くのか」という点について結論から言いますと、
ものすごい逃げ有利のコースなんです。

となると、「逃げるのがどの馬なのか」って話になりますが、
一番影響しそうなのが枠順ですよね。

この、「枠順の有利不利」が、
新潟ダ1200の一番面白いところなんですよ。

まず、新潟ダ1200について、基本的な部分から説明しますと、
このコースは、スタート部分からしばらくは、
芝コースのコーナーを横切る形になっています。

pic_course_heimenzu.gif

そのせいで、ダートのレースでありながら、
芝の影響を強く受けてしまうというのが、新潟ダート1200の特徴です。

開幕当初は、芝の状態がいいので、馬場による内外の影響が少なく、
コースロスのない最内の馬か、
芝を長く走る外枠の馬が有利になります。

ただ、開催が進むにつれ、芝が痛んできますから、
内枠の馬ほど荒れた芝を走ることになるので、
どんどん外が有利の方に傾いて行くんですが、
外から逃げるのはコースロスが大きいので、
結果的に、インの有利が中枠にシフトしていく感じになります。

また、馬場が渋ると、芝は重くなりダートは軽くなるので、
外枠の有利さは、ほとんどなくなるという具合に、
ガラッと姿を変えてしまいます。


まだまだ、十分に調べたわけではないので、
他の要素もあるとは思うんですが、
一つのコースと枠順の関係だけで見ても、これだけ特徴があるわけです。

コースの数だけ考えても、ものすごい数になるのに、
コースという要素が、数ある要素の一つに過ぎないんですから、
「調べる」と一口に言っても、途方も無い話です。

だから面白いんですけどね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード