FC2ブログ
RSS

クラシックが混沌としてきた話とか、中日新聞杯とか

どうも、とりおやこです。

今週は、クラシックに向けての中心レース、
弥生賞とチューリップ賞がありましたが、
どっちも、人気馬が敗れてしまいましたねえ。

今年のクラシック戦線は、牝馬も牡馬もエースが強いと思っていて、
牝馬はジョワドヴィーヴル、
牡馬はディープブリランテなど何頭か、という見立てでしたが、
エースと目される馬が、ことごとく負けていくので、
私としては、ものすごく意外でした。

これで、クラシック戦線がものすごく混沌としてきましたが、
今年みたいな年って、ありましたっけね?

少なくとも、パッとは思いつかないくらい、
珍しい年だと思うんですが、
こっから先のトライアルは、どんな感じになるんでしょうか。

まだ、桜花賞も皐月賞も、イメージが湧きませんね。


あと、今日触れておきたいのは、中日新聞杯。

勝ったスマートギアは、前走小倉大賞典2着でしたが、
小倉大賞典と言えば、中山金杯組が強いレースで、
1,3着は中山金杯上位馬、
2,4着が、別ローテーションでした。

いかにも向いていた中山金杯組に対して、
向いてないながら、別ローテーション組が頑張った結果だったので、
調子が上向いての中日新聞杯好走、という結果だったんでしょう。

ダノンバラードも、まあまあ走っているので、
いわゆる格上馬は、決して向いてなくはないと思いますが、
馬券の中心に据えるのは、期待値的に難しそうですね。

中日新聞杯(旧中京記念)は、今ひとつ攻め方が見えなかったんですが、
少しだけ、見えてきた気がします。

来年は頑張りたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

よかったら、ランキングにご協力ください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
564:こんな年 by 助右衛門 on 2012/03/05 at 01:55:17

こんな年ってあったかなって、やっぱり考えてしまいますよね。

メジロブライトの年かな?

ちょっと違うか。

565: by とりおやこ on 2012/03/05 at 23:13:40

>すけえもんさん
自分のイメージとしては、ミホノブルボンの世代が近いような気がします。

ラジオたんぱ杯勝ちのノーザンコンダクトが共同通信杯で負け、
弥生賞では、ノーマークのアサカリジェントが勝利。

混沌としていたクラシック戦線は、
ミホノブルボンがスプリングSを圧勝したことで、一気に締まりました。

当時とは、クラシックまでの使い方が全然違いますけどね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード