RSS

とりおやコラム 「攻めて攻めて攻めまくれ」

どうも、とりおやこです。

最近になって、かねてからやろうと思っていた将棋を、
少しずつやっております。

将棋を始めるにあたって、
自分に合った戦法を考えたりしまして、
最初は、守りからカウンターを狙うようなのが、
自分に合ってるんじゃないかと思ってたんですが、
やってみると、案外そうでもなかったです。

序盤から、攻めて攻めて攻めまくって、
攻めが切れたらハイそれまでよ、てな戦法の方が、
自分には合っていたんですね。

将棋に限らず、
自分には「守り」が合っていると思っていたので、
非常に意外でした。

ただ、よくよく考えると、
ポケモン対戦でも、守り重視の耐久戦は嫌いだし、
勝負事じゃなくても、、
間違ってないけど正しくもないような守りの考え方は、
あんまり好きじゃないんですよね。

じゃあ競馬はどうか、なんて振り返ってみると、
こっちの方は、どっちかと言うと守り重視。

コンスタントに当ててプラスを拾うような買い方でした。

でも実際は、本命サイドの馬券は得意じゃないし、
浮き沈みが激しいので、
守っても勝ちを拾えてないことが多いような気も。

「ひょっとすると、買い方合ってないんじゃね?」

一発狙いで穴を買い続けるのはちょっと違う気がするけど、
押さえで当てに行ったりするのは違うなあ、と。

ただ、一つ問題なのは、自分、メンタル弱いんです。

ハズレが続いたときに、
同じように予想できる自信がない。

そういえば、将棋をなかなか始められなかったのも、
勝負の中で、まま起こりうる、
「負けゆく自分」に耐えられないからなんですよねー。

まあ、メンタル弱くて勝負に強いヤツなんて、
あんまり見たことないので、
向いてる戦法以前に、メンタル鍛えろってことですかね。

で、メンタルってどうやって鍛えるん?

にほんブログ村 競馬ブログへ

あ、負けなきゃいいのか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
628: by しろ on 2012/07/17 at 23:58:01

守りから入る将棋は振り飛車が、初心者の方にはわかりやすいですね。

逆に攻め将棋だと居飛車対居飛車、中飛車などがありますが、どの戦法もなかなか難しいです。

居飛車対振り飛車になれば定石もわかりやすく、かつ棒銀、右四間など急戦となる戦法も多くて、アマチュアにも人気なんですが。。

自分も将棋歴はそこそこ長いんですが(とはいっても最近は忙しくて全然やっていませんw)、居飛車はなかなか使いこなせないですね。

今度よければネットで対戦しましょう。

629:将棋 by とりおやこ on 2012/07/19 at 00:37:50

>しろさん
しろさん、将棋やってたんですか。
自分の場合、最初は振り飛車をやってみたんですが、
どうも受け切れない場合が多かったので、
急戦必至の棒銀から入りました。

やっぱり、攻めの方が初心者には分かりやすいですね。
攻め切れない場合が圧倒的に多いですけど、
「何が悪かったのか」が非常にわかりやすく、勉強しやすいです。

もうちょっとCP戦で勉強して、いずれはネット対戦しましょう。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード