RSS

アロマティコもすごい馬なんですよ(秋華賞2012回顧)

どうも、とりおやこです。

秋華賞、終わりました。
ジェンティルドンナ、牝馬三冠達成です。すごいわ。

ヴィルシーナ(というか内田騎手)が作った超スローで、
「してやられた感」も漂う中、
みごとに届かせてしまうあたりがシビれます。

牝馬三冠ってことで、
アパパネやスティルインラブと比べられそうですけど、
本当に比べるべきは、ダイワスカーレットじゃないですかね。
そのくらいの馬です。

さて、馬券の方はというと、
◎ラスヴェンチュラスが最後方にいましたから、
一番「してやられた」のは、この馬かも知れないです。

上がりは最速だったんで、
チャンスもあったと思うんですけどね。

まあ、そこら辺はどうでもいいや。


ところで、今回のレースは結果的に、
馬連250円の超安決着となりましたけど、
他にもいい馬はたくさんいたと思うんです。

3着に食い込んだアロマティコもその1頭。

アロマティコは、夏の小倉で1000万を勝って、
普通ならそこからトライアルを経由するところ、
準OPを経由して、秋華賞に出てきた馬です。

3歳牝馬にとって、
夏の1000万を勝つこと自体、多くないことなんですが、
わざわざ牡馬相手の準OPに出て、
その上で1番人気を背負ってましたから、
異例中の異例だと思ってたんです。

今回は人気もなかったし、◎を打つ価値もあったんだけど、
異例なだけに、プラスなのかマイナスなのか、
分かんなかったっていうのがありました。

去年のアヴェンチュラ(夏に準OP勝ち)もそうだったんですけど、
そういう異例な要素を持った馬って、
データがない分、判断が難しいんですよね。

ただ、データ云々で言えば、
自分が信じた「夏1000万経由のローズ上位馬」にしたって、
結局は、10例もないようなデータですから、
どっちが上ってことはないんですよね。

他にも、ブリッジクライムとか、ハワイアンウインドとか、
いい馬はたくさんいたんですけど、
それらについては、また語る機会があるでしょう。
きっと。

とりあえず今日のところはこれまで。

にほんブログ村 競馬ブログへ

あと、ラップ分析に定評のあるmahmoudさんが、
ツイッターでいいこと書いていたんで、そちらもどうぞ。
mahmoudさんのツイッター
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード