FC2ブログ
RSS

菊花賞2012 傾向と対策

どうも、とりおやこです。

今日は菊花賞の予習をいたしましょう。

まずは傾向ですけど、
菊花賞が神戸新聞杯組の強いレースなのは言わずもがな。

2000年以降、前走神戸新聞杯の馬が9勝しているし、
神戸新聞杯1~6着の馬の成績が、
[9.5.6.28] 単回収率294%、複回収率132%という優秀さ。

こうなると、神戸新聞杯組を買うしかなさそうですが、
どうしてもアタマの隅をよぎるのが1000万組。

前走芝1000万を勝ってきた馬の成績は、
[2.0.1.24]と、決して良くないんですが、
回収率だと、単238%複102%と、非常に高いので、
神戸新聞杯組との比較が難しいところです。

一方、春実績との関連性は今ひとつで、
皐月賞、ダービーいずれの実績馬も、
両方実績を上げた馬以外、大した成績じゃないです。

春実績より神戸新聞杯実績ということになるんでしょうが、
ダービー→神戸新聞杯1着→菊花賞というローテの馬を見ると、
菊で勝っているのは、春の2冠馬だけで、
春G1を勝っていない馬は負けています。

春1冠のゴールドシップは、
どっちに転ぶか分かんないですけど、
春の実績も、意味がないわけじゃないんですよね。

あと、春との関連性で言うと、
1000万勝ちが絡んでる年って、3回とも春G1不在の年でした。

今年は、春のG1馬2頭がそろい踏みではあるものの、
何というか、微妙な手薄感がありますよね。

そういうことからすると、1000万組の台頭も、
あながち、なくもない話のような気がするので、
なんか、今年は難しいなあ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード