RSS

フェブラリーS2013 出走馬指数 ◎ガンジス

5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  93   86   92   92   86    01 マルカフリート
  94   97   97  105  96    02 グレープブランデー
  **   **   92   **   99    03 セイクリムズン
  **   96  102  **   90    04 ナムラタイタン
  **   **   **   **   91    05 タイセイレジェンド
  **  106  **  101  **    06 エスポワールシチー
  83   92   96   80   93    07 ガンジス
  75   79   92   97   90    08 イジゲン
  **   98   88  100  82    09 ヤマニンキングリー
  92   **  110  **   **    10 ワンダーアキュート
  74   88   85  101  99    11 カレンブラックヒル
  77   77   96   98   87    12 ダノンカモン
  90   90   94   97   93    13 エーシンウェズン
  **   **   **   **   98    14 テスタマッタ
  96   96   90   94   84    15 ガルボ
  109   **   96   93  100   16 シルクフォーチュン
赤字はダート
------------------------------------------------
◎ ガンジス

フェブラリーSで何が一番重要かって言うと、
そりゃあ、能力も重要なんですけど、
「若さ」に尽きると思うんです。

若さには、文字通り、年齢的に若いってのもあるし、
馬としてピークを過ぎていないってのもあります。

トランセンドとか、ヴァーミリアンとか、
実績のある年長馬が期待を裏切るケースは多いし、
連続して好走する馬も少ないレースです。

去年、6歳のテスタマッタが好走できたのは、
テスタマッタ自身が老いていなかっただけじゃなく、
若くて、スピードのある馬が少なかったという、
アシストがあってのもの。

それに比べると、今年は若くてピチピチした馬が多い。

中でも、イジゲン、ガンジスは、
いかにもフェブラリーSらしい若さとスピードがあります。

距離の融通性で言えば、イジゲンの方が上だろうけど、
フェブラリーSでは、それは要らない要素。
だって、スピードしかないメイショウボーラーだって、
勝ってるんだから。

スピード勝負になれば、イジゲンにも負けないし、
もちろん、他の馬にも負けない。

と思う。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード