RSS

天皇賞(春)2013 傾向と対策

どうも、とりおやこです。

ゴールデンウィークも待ち遠しいですが、
それはそれとして天皇賞だよな。やっぱ。

何と言っても今年の楽しみは、
ゴールドシップとフェノーメノの対決ですよ。

同世代でありながら、ダービー以外の直接対決がなくて、
その唯一の対戦が、ゴールドシップとしては唯一、
連対を外したレースというんだから、面白い。

この「2強」の馬連が何倍つくのか、というのが、
一つの注目だと思うんですが、
果たして2強で決まるかというと、疑問もあるんですよね。

古い話で恐縮ですが、
自分が競馬を初めて間もない1992年の天皇賞、
前年の覇者メジロマックイーンと、
前年の2冠馬トウカイテイオーの直接対決となりました。

当然、2頭に人気は集中し、
枠連(当時は馬連なし)のオッズは、1.5倍まで下がりました。

そのときのスポーツ新聞の見出しは、
今でも頭に残っているんですが、
「何周しても5-14」なんて書いていたのに、
たった2周しただけで、14の方は沈んでしまいました。


ちょっと昔話が過ぎてしまいましたが、
要は、少し疑ってかかるくらいで、ちょうどいいということ。

例えば、ゴールドシップと言えば、
2着に連れてくる馬が、ことごとく後方待機の馬なんで、
ゴールドシップが勝つイメージの場合、
フェノーメノは、馬群に飲み込まれるケースも想定できます。

逆に、ダービーように強い先行馬がいた場合、
ゴールドシップが前を捉えられないケースも想定できます。
(菊花賞以降、前に強い馬はいなかったと思う)

2強対決では、2強のマッチレースのようなものを想像しちゃうし、
馬券には、馬連なんてものがあるから、
そっちに目がいっちゃうけど、
むしろ、
どっちに◎を打つのか、もしくは、どっちにも◎を打たないのか、
ということを、必然的に迫られるのが、
2強対決なんじゃないかなあ、と思う。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
706:管理人のみ閲覧できます by on 2013/04/24 at 15:14:16

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード