FC2ブログ
RSS

とりおやコラム『ケイバにんから見た電王戦』

どうも、とりおやこです。

先週、ニコニコ動画の将棋ラジオの話をしましたが、
今週も、ニコニコ動画と将棋のお話。

話題としては、鮮度が落ちてしまってますが、
ニコニコ動画で将棋と言えば、『電王戦』です。

コンピューター対プロ棋士の対戦と言えば、
「ああ、ニュースで見たわ」という人もいるかも。

結果の方は、知ってる人は知ってるとおり、
コンピューターの完勝という、
個人的には驚きの結果となりましたが、
今日書きたいのは、そういうことではないです。

書きたいのは、「とにかく面白かった」ということ。

自分は、特に熱心な将棋ファンではないし、
深く語れるようなものは何もないんですが、
純粋に、勝負として興味深かったし、面白かった。

ニコニコ動画では、それなりに前から将棋を扱っていて、
じわじわと人気が出てきていたけど、
正直なところ、ニコニコと将棋の相性がいいとは、
とても思えなかったんですよ。

ニコニコ動画って、かなり若い層が中心で、
年齢層が高い(と思う)将棋ファンが相手では、
食いつきが悪かろうと思ったんです。

それでも、将棋本来の持つ勝負の面白さや、
ニコニコ動画、将棋連盟双方が頑張ったこともあって、
すごく人気のコンテンツになりました。

今後、将棋ファンがどう変わっていくかわかりませんが、
新たなファン獲得の一手になるのは間違いない。

と、こういうことがあって強く思うのは、
こういうの、競馬でもできねぇかなあ、ということ。

競馬だって、昔は若いもんも沢山やってて、
スターホースの活躍にワクワクしたもんなんです。

それと今とで、レースの何が変わったわけでもなく、
単に、若いもんがいないというだけなんです。

見せ方、扱い方ひとつで、きっと面白くなるはず。
だって、自分にとってはこんなに面白いんだから。

ニコニコ動画と将棋の例が、
競馬にとってのモデルケースになるか分からんけど、
何かあってもいいと思うのですよ。

その方が、今のファンとしても面白いわけだし。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
711: by しろ on 2013/05/16 at 23:11:05

電王戦、めちゃくちゃ面白かったですね! 最終日の三浦8段戦は仕事だったので、リアルでは見れなかったのですが、それ以外は全て生中継で見ることができました。

どの対局もドラマがあって感動しました(個人的には塚田9段の持将棋が電王戦のハイライトですね)。

今回は惜しくも現地に見に行くことはできなかったんですけど(実は以前清水女流がCPUと対局したときは、東大まで見に行きました)第3回が開催されたらぜひその時は会場まで足を運びたいな、と思っています。

もしタイミングがあえば、とりおやこさんも是非!

712:電王戦 by とりおやこ on 2013/05/17 at 00:01:26

>しろさん
下書き状態から直してなくて、すんませんでした。

さて、電王戦ですが、本当に面白かったですよね。
自分のような将棋素人から見ても面白いんだから、
しろさんあたりだと、尚更だったと思います。

塚田9段戦は、必敗の状態になったあたりで、
ひどい言われようをしていましたが、
あの状態から、「勝負のだけために」持将棋に持ち込んだのは、
ものすごくドラマチックだと思いましたね。

来年はどうするのかなあ、なんて思いますが、
自分が現地に行くのはちょっと難しそう。

せめて、棋力を少しでも上げたいなあ。

713: by しろ on 2013/05/17 at 15:02:03

競馬はレース体系などがわかってくると面白くなってくるんでしょうが、そこまでの敷居が高くて、なかなか0から入っていくのは難しいんでしょうね。

将棋もルール自体は多くの人が知っているわけですが、対戦相手や仲間を探す手間の部分で敷居が高い。でも、ニコ動がそこのハードルを上手に下げてますよね。僕自身もニコ道と将棋の親和性に疑問を持っていたんですが、今回の電王戦を見てみると、うまくマッチングしているのがわかります。

そう考えると前会長の米長さんの先見の明は素晴らしいかったですね。競馬界にも米長さんみたいな人がいればまた変わってくるのかもしれません。

僕の周りも、競馬好きって人は本当に少ないです。JRAにはぜひ若い世代を開拓していってもらいたいものです。

714:米長先生 by とりおやこ on 2013/05/17 at 21:28:18

>しろさん
米長先生の功績は本当に素晴らしいですよね。
自分が将棋の世界に興味を持ったきっかけは、
瀬川さんのプロ編入だったんですが、あれも米長会長あってのもの。
あんな人は、そうそう出て来ないと思いますが、
それが必要なものなら、きっと出てくると信じましょう。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード