FC2ブログ
RSS

キンシャサノキセキについて語る(安田記念2013回顧)

どうも、とりおやこです。

1日遅れですが安田記念の回顧をしておきます。
そして、1日遅れですが喜んでおきましょう。

いやー、ダノンシャークよく走った。
そして惜しかった。

来てくれたから何でも言えますけど、
G1この馬が来るとしたら安田記念だと思ってたし、
1回目の安田記念こそが馬券的にチャンスだと思ってました。

去年、マイル戦のディープインパクト狙いをして、
見事に失敗したんですけど、
見限るのはまだ早いという思いもありました。

それでも、メンバー的に配当が上がったことで、
この馬を買う気になった面もあるので、
ラッキーだった面もあるなあ、と思いました。
(直線の不利はアンラッキーだけど、あれは仕方ない)

一応当たった上で、一つ補足したいのは、
予想で触れたキンシャサノキセキのこと。

キンシャサノキセキって、成績的にはダノンシャークと似てないので、
読んでてピンと来なかった人もいるかも知れない。

確かに、自分でも成績を見比べて見て、
「そんなに似てねえなあ」と思ったんです。
(安田記念までなら、むしろファリダットに近い)

改めて考えて見るに、似てると思った点は2つ。
条件上がりで過度に期待されたことと、
その後、賞金面で苦労してG1に出られなかったこと。

去年の春のダノンシャークは、僅かな賞金不足で、
安田記念に惜しくも出走できませんでしたが、
キンシャサノキセキも、3歳秋にマイルCSに出走したあとは、
OP特別に出たりして、かなり苦労してたんです。

キンシャサノキセキにには、デビュー当初から思い入れがあって、
「これは強い!」と感じていたものの、
一方で、人気になりすぎるキンシャサノキセキには、
「そこまで強くねえだろう」という思いもありました。

その辺もダノンシャークと似ているところがあって、
それで、キンシャサノキセキを引き合いに出したんだと思います。
(自分で書いたことに「思います」ってのも変ですが)

キンシャサノキセキは、G1で買わないことが多くて、
見極めが甘かったと今でも思っているので、
今になって、馬券になって良かったなあと思います。

これ、安田記念の回顧じゃないな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード