RSS

宝塚記念2013 傾向と対策

どうも、とりおやこです。

春のG1シリーズも宝塚記念でオーラス。
当たって気持ちよく終わるためにも、しっかり予習したい。

さて今年の宝塚記念は、オルフェーヴルの回避が残念ですが、
3強対決は非常に興味深いところ。

とは言え、過去の例を見ると、
「初G1が宝塚記念」という馬が多いので、
3強にばかり目を向けてられないと思うんです。

結果的に3強を買うにしても、
それ以外の馬をしっかりと見極めてからにしたい。

というわけで、初G1が宝塚記念の馬を調べてみると、
1990年以降で11頭もいるんですね。
(23年で11頭だからほぼ半分)

この11頭を見ると、大きく2つのタイプに分けられて、
一つは、G1善戦タイプで、もう一つは急成長・激走タイプ。

善戦タイプは、メジロライアンやメイショウドトウみたいに、
G1でソコソコ走ってるのにあと一歩届かなかった馬が、
2200という微妙な距離がハマって勝つという感じです。

最近ではドリームジャーニーがこのタイプ。

急成長・激走タイプは、
メジロパーマーみたいに今までG1では勝負にならないか、
ダンツシアトルみたいに全く走ったことなかったような馬が、
前走の勢いのままに買っちゃうケース。

こっちは、最近ではナカヤマフェスタですね。

前走の走りを基準にすると、
善戦タイプはG1(ほぼ天皇賞)で負けてて、
後者は、レースの格を問わずとにかく勝ってきてます。

あとは、このイメージに近い馬が今年いるのか、ですよね。

前走で当てはまるのはトーセンラーですけど、
これはちょっと違うかなあ、という感じ。

長々と書いた割には、結局3強のどれかになるんでしょうかね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード