FC2ブログ
RSS

つい、オースミロッチを思い出した(宝塚記念2013回顧)

どうも、とりおやこです。

宝塚記念は、天皇賞の雪辱を晴らしたゴールドシップが勝利。
私の本命馬フェノーメノは、差しに回って不発でした。

スタートで、「あれ?下げんの?」と思ったら、
ゴールドシップの外へ。

きっと、馬場の悪い内を嫌ったんだろうなあ、と思います。

最後の脚色がすごく悪かったので、
道悪がそもそもダメだったのかも知れないし、
自分の競馬に徹しなかったのが、響いたのかも知れない。

勝ったゴールドシップは、道悪の皐月賞のときのように、
会心のレースをいたしました。

いずれにしても、道悪が勝負のアヤになったのは確かでしょう。

道悪がアヤになったと言えば、1993年の宝塚記念。
メジロマックイーンが勝った年です。

このレース最大のアヤと言えるのが、
3着に食い込んだオースミロッチ。

誰もが荒れたインコースを嫌って、何頭分も外を回る中、
1頭だけポツンと内ラチ沿いを走ったのがオースミロッチ。

自分も、レースを見ていたときは、
「どうせタレるんだろう」と思っていましたが、
コースどりの利を活かして、4角では先頭に立っていました。

最後には2頭に差されてしまいましたが、
単勝70倍でブービー人気の馬としては、完璧なレースでした。

今回のレースは、あれほどではなかったけど、
2着のダノンバラードは、オースミロッチ的なところがあったし、
上位馬には、それぞれ道悪が影響していたように感じました。

道悪が勝負のアヤになるのは、あまり嬉しくないけれど、
あったらあったで、こうして記憶に残るもの。

3強の一角を崩したダノンバラードが、
かつてのオースミロッチのように語られるときが、
いつか来るのかも知れないですよね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード