RSS

レパードS2013 出走馬指数 ◎インカンテーション

どうも、とりおやこです。

レパードSは日曜の重賞ですが、
どうせ明日は重賞ないし、書けるもんは書いときましょう。

5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  49   59   70   75   **    01 アムールポエジー
  66   **   75   78   41    02 ドコフクカゼ
      25   73   73   **    03 オメガインベガス
  59   65   65   77   52    04 カリスマサンタイム
  74   78   90   80   81    05 インカンテーション
  74   69   79   75   78    06 シグナルプロシード
  73   82   90   74   84    07 サトノプリンシパル
  46   51   62   72   57    08 カノン
  37   73   69   72   76    09 アドマイヤイバマ
      48   55   75   68    10 リキサンステルス
      83   **   77   **    11 ケイアイレオーネ
  57   68   77   83   81    12 ジェベルムーサ
  84   78   72   78   77    13 モリトリュウコ
          46   78   74    14 タイセイバスター
          51   73   69    15 ハイパーチャージ
赤字はダート
----------------------------------------------
◎ インカンテーション

3歳の6月までダート重賞がないという現状に、
ダート好きとしては、いささか不満があるけれど、
実際のところ、本当の強さを求められるのは、
ここからと言ってもいい。

ユニコーンSを勝ってその後さっぱりという馬は多いけど、
レパードS組は、勝った馬だけじゃなく、
上位馬全てが、その後も強いことから見ても明らか。

「ダート戦での本当の強さ」って何だ?
という話になると、それは「しぶとさ」だと思う。

去年の勝ち馬ホッコータルマエも、
3歳春には、「なかなか強い馬」の1頭でしかなかったけど、
相手が強いほど強さを見せる「しぶとい馬」だった。

インカンテーションもそのタイプで、
500万で足踏みしたとは思えないほど一線級を相手に好走し、
前走は、古馬の骨っぽいのを相手に四つ相撲で勝ち切った。

血統には、決して詳しくない自分だけど、
ことシニスターミニスター産駒に関しては、
かなり見てきた自信がある。

その目から見て、「しぶとさ」がこの産駒の売りで、
インカンテーションは、その典型だと思う。

ここで勝ち切れるかどうかはともかく、
秋以降、一番走るのはこの馬に違いないと思ってる。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード