FC2ブログ
RSS

明日の重賞(弥生賞)

 3歳牡馬の方は、まだあまり研究が進んでなくて、クラシック戦線については全く手をつけてないんですが、これまで2歳、牝馬、短距離あたりを見てきた中で強く感じたことは、2歳~3歳春については、距離区分によるレベルの差が明確に存在しているということです。

 距離区分の話は、共同通信杯のときに書きましたが、2歳戦では、距離が長い方が全体的にはレベルが高くなりますし、牝馬でも、牝馬限定戦だけを抜き出すと、圧倒的に1400~1600mの距離に高レベルレースが集中している現象が見られます。
 3歳牡馬については特に調べていませんが、皐月賞とそのステップレースの距離である1800~2000mが、最もレベルの高くなる距離であり、それらの距離区分と、他の距離のレベル差を意識していくことが、予想につながっていくのかなという気がします。

 弥生賞で言えば、出走馬のほとんどが1800~2000mの距離を使ってきているので、それだけでは難しいんですが、最もキーとなるであろう朝日杯が1600mのレースですから、ここに注目したいと思います。
 朝日杯を勝ったのはゴスホークケンですが、この馬こそ、2歳戦の特性をよく表しているなと、後になって思いました。
 というのも、新馬戦を快勝しながらも、昇級戦の上に距離延長となった東スポ杯では負け、逆に距離延長となっていたからです。
 これは2つのことを表していて、一つは東スポ杯がレベルの高いレースであったということ、もう一つは、朝日杯がいくつもあるマイルレースの一つでしかなかったということです。
 G1という看板を背負いながらも、結局はマイル戦としてのナンバーワンでしかなかったということだと思うのです。

 そうしたことからすると、東スポ杯を勝ったフサイチアソートは、少なくとも朝日杯上位組よりはいいと思いますし、同じ距離区分の中でも、年明け以降のレースに比べるとレベルは高いと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード