FC2ブログ
RSS

スプリントG1連覇ってスゴイことなんだぜ(スプリンターズS2013回顧)

どうも、とりおやこです。

スプリンターズSは、ロードカナロアが勝利して、
G1の連勝を5に伸ばすと同時に、
スプリンターズSも連覇となりました。

予習でも書きましたが、スプリントG1の連覇は、
サクラバクシンオー以来2頭目という快挙です。

既に海外G1も勝っていて、G1は5連勝中だけに、
「スプリントG1連覇」ということは、
それほど大きく扱われないかも知れないけど、
個人的には歴史的な快挙だと思ってるんです。

この先のことは分からないけど、
高松宮記念も含めて沢山の馬が連覇に失敗してるわけで、
連覇の難しさは、紛れもない事実だと思うんです。

今年の場合、凱旋門での日本馬勝利なんてことも、
快挙として期待されているようですが、
凱旋門との距離は、今後どんどん縮まるであろうことを考えると、
快挙度では、ロードカナロアの方が上じゃないですかね。

その難しさを感じていたからこそ、
ロードカナロアに◎は打ちにくかった者として、そう思うわけです。


さて、予想の上での感想ですが、
上位2頭については、あんなもんでしょう。

印象に残ったのははむしろ、負けたグランプリボス。

グランプリボスの人気は、父サクラバクシンオーという血統にして、
初の1200m戦というところに期待が集まったということなんでしょう。

スプリンターズSは、近走指数上位馬が圧倒的に強いレースで、
そういう意味でも、グランプリボスは期待感のある馬だったんです。

自分も、グランプリボスに印を打とうかと考えた瞬間がありましたが、
気になったのは、好指数のレースがいずれもマイル戦だった点。

過去の例からして、最高指数のレースがスプリント寄り過ぎる
(中山1200とか新潟1000とか)のは、あまり良くないんですが、
一方で、マイルというのも直結しにくいという気がしました。

阪神1200で実績があった上位人気2頭が好走したのに対し、
グランプリボスがダメだったのは、その辺じゃなかろうかと。
(もちろん、仕上がりの問題かも知れませんが)

重ねてになりますが、近走指数上位馬は本当に強いです。
スピード指数を使いやすいレースとして、
来年も頑張りたいです。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード