FC2ブログ
RSS

本日の重賞(スプリングS)

 ここんとこ3歳についてばかり調べているんですが、色々調べる中で、強く感じたことは、やっぱり2~3歳っていうのは距離区分によって明確にレベル差が生じていて、中でも3歳牡馬の1800~2000mっていう距離区分が、牡馬牝馬を通じて頂点にあるんだということです。

 ただ、そういった中でも、指数が高い馬は強いという傾向は見られ、どういった距離区分においても、「適正」より「能力」を追っていく予想だというのは変わりません。とりあえず、指数の高い馬は「買い」なんです。

 ただ、牡馬1800~2000mにおいては、さすがに頂点だけあって、そこを「勝つ」ということにはかなりの厳しさがあります。
 指数の高い馬は総じて好成績ではあるんですが、勝ちまでは届かない馬というのがほとんどというのが現状です。頂点で勝つというのは、単に前走の指数が高いとか、そういうレベルの話ではなくなってきているんですね。

 そういった観点からすると、スプリングSのメンバーでは、前走指数も1位で、ここ4戦全てでクラス水準を上回る指数をマークしているドリームシグナルは、とりあえず間違いなかろうと思う一方で、それだけで勝てるわけでもないんだろうなという気がします。

 ドリームシグナル以外では、レッツゴーキリシマ、スマイルジャックといったところが、同じように好指数をマークし続けているんですが、いずれの馬も何となく勝ち切れないタイプの馬で、このあたりにも、「指数があれば好走はできるけれどそれだけでは勝てない」というのが表れているのかなと感じるところです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード