RSS

有馬記念の予習の続き

どうも、とりおやこです。

おととい予習記事を書きまして、
その後、ツイッターの方でも、いくつかつぶやいたりしましたが、
その中で、中山記念やAJCCとの関連性について触れました。

要は、有馬記念では中山適性が効くって話なんですけど、
中山適性のことを考えたときに、
マツリダゴッホのことがすごく気になったんです。

マツリダゴッホって、2007年の有馬記念勝ち馬ですけど、
同年のAJCCや同年以降のオールカマー3連覇など、
中山適性については抜群のものを持っていて、
有馬記念の勝利も、適性が効いたんじゃないかと思ってます。

ただ、有馬記念に関しては、2007年以降も2度出走してるんですが、
結果は12着と8着で、全くダメでした。

これについて、「何でかなー?」って思ったんですけど、
よくよく考えると、ずっと前から似たようなことがありました。

話が古くてすんませんけど、
1992年の有馬記念2着馬でレガシーワールドってのがいました。

3歳の有馬で2着になったんですけど、
この馬、翌年のジャパンCを勝ちまして、
4歳の有馬では、堂々2番人気に推されました。

前年は、ジャパンC4着から有馬記念2着になってて、
昨年以上の結果も当然期待されたんですけど、結果の方は5着。

当時、別に本命に推してたわけじゃないですけど、
去年と同じローテーションなのに、去年以上の結果が出ないことに、
若干の違和感を感じた記憶があったんですが、
マツリダゴッホの例なんかも見ると、そんなものかも知れないです。

能力や適性だけで決まるんなら、
もっともっと分かりやすい結果になるんだろうけど、
それを許さないのが有馬記念。

やっぱり特別なレースだなあ、と思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード