RSS

京都金杯2014 傾向と対策

どうも、とりおやこです。

予習をする前に去年の予想をざっと眺めてみたんですが、
なんと、去年は東西とも的中だったんですよ。

「一年の計は金杯にあり」などと競馬好きの人はよく言いますが、
去年、結果的に年間収支プラスだったので、
「そのとおりかも」と思いつつ、
同じくプラスだった4年前には、東西とも外していたんで、
やっぱりあまり関係ないかも知れません。

すいません、どうでもいい話でした。予習いきます。
-------------------------------------------------

さて、今年は京都金杯の予習をしますが、
去年の予想を見ると、
「秋に何戦か使った馬の方がいい」と書いてました。

一見、マイルを使って叩き3戦目くらいの馬が良さそうですが、
マイル後にもう1戦使うくらいの馬がいい、と。

去年のダノンシャークは、マイルからの直行でしたが、
秋は、毎日王冠→スワンS→マイルCSというローテで、
間隔をつめて使っていた馬でした。

イメージとして分かりやすいのが3年前のシルポートで、
秋はオールカマーから始動して、毎日王冠→天皇賞と使ったのに、
さらに12月に2戦して、金杯を勝っちゃいましたが、
これは、使い詰めがいいという、いい見本じゃないかと思います。

ただ、気をつけたいのは、調子が良くないとダメなことで、
シルポートを例にして見ると、
鳴尾記念4着→ファイナルC1着だった年は、金杯も勝ってますが、
マイルCS8着→阪神C5着だった年は、金杯でラスってます。

これはすごく極端な例ですが、
「使い詰め」且つ「好調持続」というのはキーワードになりそう。

ただ、「好調持続」というのは、何をもって判断するか難しくて、
「重賞3着内ならオッケー」とか言う風には、一概には言えないです。

その辺の判断が難しくもあり、面白くもあるわけですが。

というわけで、今日の予習はこれまで。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード