RSS

思い出のフィリーズレビュー

どうも、とりおやこです。

以前は、平日に予習をすることが多かったんですが、
毎週のように予習をしてると、どうも作業的になりがちなんで、
今週は趣向を変えて、思い出語りでもしたいと思います。

さて、今週のメイン重賞はフィリーズレビューですが、
自分が思い出に残るフィリーズレビューと言えば、
何と言っても、2005年のフィリーズレビュー。
ラインクラフトが勝った年です。

とは言っても、ここで語りたいのは勝った馬のことではなくて、
負けた馬のことです。

この年のフィリーズレビューで、
ラインクラフトと並んで注目されていたのが、
ディアデラノビアだったんですが、
このディアデラノビア、なんとチューリップ賞からの連闘でした。

チューリップ賞を1番人気で惨敗したディアデラノビアが、
桜花賞出走のために連闘でフィリーズレビューに出ていたんです。

チューリップ賞では、勝負どころで前をカットされて、
消化不良のレースだったのに対し、
フィリーズレビューはスムースなレースをして、
イケそうな流れだったんですが、
最後に伸び切れず4着どまり。桜花賞出走はなりませんでした。

その後のディアデラノビアの活躍からしても、
あのレースで伸び切れなかったのは、
チューリップ賞からの連闘が祟ったと思うし、
結果的に秋を棒に振ることになったのも、春の無理によるものだと思っています。

そういう意味で、あのフィリーズレビュー出走は、
ディアデラノビアの競走馬生活を左右するレースになっていて、
当時から、あれは出走すべきでなかったと思ってますが、
それでも出走に踏み切らせてしまうのが、クラシックなんですよね。

その辺りを考えながら、
今一度、2005年のフィリーズレビューを見てはいかがでしょうか。

)

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード