FC2ブログ
RSS

明日の重賞(天皇賞)

 スピード指数の研究をあれこれとしていて感じたことなんですけど、スピード指数って、ひょっとすると古馬の上級クラスは苦手なのかも知れません。
 というのは、クラスが上がるほど指数上位馬の勝率が落ちてきて、指数の高さがあまり威力を発揮しないというのが、数字の上で表れてきちゃってるんです。

 上位クラスになればなるほど、指数の上下幅が少なくなるので、当然と言えば当然のことなのかも知れません。
 というわけで、古馬のG1なんかでは、指数の高低は割と大雑把に捉えて、適正面を見た方がいいのかなという感じがします。

 さて、「適正面で」という話を書くのはあまり慣れてないんですが、個人的な感覚としてはアイポッパーなんかいいんじゃないかと思っています。

 アイポッパーは、過去3年連続で春の天皇賞全てに出走していますが、それら全てで入着を果たしているとおり、長距離適正の優れた馬です。
 しかもその3年というのは、スズカマンボが勝ったわけの分からない天皇賞もあれば、ディープインパクトが絶対的な力を見せつけた天皇賞もあるわけで、両者の指数差では相当なものがあるんですが、それでも同じように好走しています。
 また、自身にしても、単勝50倍近い一昨年も武豊騎乗で1番人気に推された昨年も、変わらない指数、変わらない着順なんですから、これほど適正面で優れ、信頼できる馬はいないと思います。

 申し訳程度に指数のことも書いておきますが、ここ2年アイポッパーがマークした指数を超えた馬は、秋の天皇賞のメイショウサムソンしかいません。
 よほど長距離適正が高くて、3200mなら指数がグンと伸びるというのなら話は別ですが、今回のメンバーでそんな馬は何頭もいないでしょうから、やはりアイポッパー中心に攻めるのがお得なんじゃないかと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
38:東京競馬場(府中)のタイムについて by OnlineGTR on 2008/05/05 at 01:54:35 (コメント編集)

以前、とりおやこ氏の日記に「苦手な開催地=府中」とかいう記述があったと思うんですが。
「府中は前走のタイムが当てにならない」とかいう。

それは何故か?理由のひとつを私は知ってます(笑)

それは、府中競馬場の立地条件で・・・。
関東平野(武蔵野)の中のモロ平野部なので、冬場などは、西→東の方向に強風が吹くことがあるんですよ。
実際に競馬場で観戦してるとわかりますが、かなり強い風が吹きます。
これは、地元では「高尾おろし」などと呼んでますが、八王子や奥多摩などの山間部から吹いてくる風です。
阪神タイガースの「六甲おろし」じゃないけど(笑)

で、府中は左回りなので、これが馬にとっては進行方向から吹いてくる「向かい風」になる。

(新宿方面) 馬→  ←風 (八王子方面~山間部)

こんな感じデス

なので、「開催前半で馬場状態はいいはずなのに、向かい風の影響で時計が遅かった」みたいなことになるケースが結構あるらしいんですよね。
(細かくチェックしたわけじゃないけど)

「馬場差」ならぬ「風差」とでも言うんですかね。

とは言っても、どのくらいの風だったのかを知る手段もないし、気にしても仕方がないのかもしれませんが・・・

ちなみに、今年のクイーンC(勝ち馬リトルアマポーラ)の日とか、昨年の青葉賞(勝ち馬ヒラボクロイヤル)の日などは向かい風が無茶苦茶強かったそうで。

リトルアマポーラの場合は、その状況で走破時計が1分35秒台前半(1600m)、上がり3Fの時計が古馬1600万下と同じだったということで、見かけ上の時計よりかなり評価できるんじゃないか・・・
という記事が、先月の月刊優駿に出てました。
しかも大外を回っての時計だから。

というわけで、この馬には結構注目してたんですが、桜花賞は外れました(泣)
オークスでまた買おうと思ってますけどね。

39:追伸 by OnlineGTR on 2008/05/05 at 04:47:03 (コメント編集)

先日の皐月賞のレープロの件ですが。

ダイワ「メジャー」

   ↓

   野球

   ↓

「キャプテン」トゥーレ

が正解でしたね。

こういうのって、だいたいレースが終わってから気が付くんですよね。
物事、あまり難しく考えない方がいいのかもしれない。

40:なるほど by とりおやこ on 2008/05/05 at 19:15:50

そういえば、いつぞやの4歳牝馬特別だったかフローラSだったかで、直線ものすごい強風なんてことがあったな。
東京競馬場行ったことないんで、そんなこと全く考えませんでした。

スピード指数って、かなり大雑把に指数をつけていくんで、細かく考えると、自分でも「これは違うな」とか思うことも多々あるんですよね。風もその一つですね。

それを補正していくという手法もあるんでしょうけど、スピード指数はあくまでもタイムを数値化しただけのものだと考えると、高く出すぎたり低く出すぎたりしてもいいんです。要は、それを自分の中で消化できるかどうか、ではないかと思います。


リトルアマポーラは、桜花賞で案外でしたけど、能力的にはあんなもんじゃないでしょうね。
それにしても、今年はオークスも難しそうだなあ。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード