FC2ブログ
RSS

明日の重賞(安田記念)

 スピード指数的に見ると、今年の安田記念はなかなか悪くないメンバー構成です。決して抜けた馬はいないものの、ソコソコの指数を持った馬が何頭もいるという感じでしょうか。ただ、こういうレースが一番難しいんですよ。

 こういうレースでは、指数はあくまでも最低限クリアしていなければならない目安程度の話で、それをクリアした上で、さらに臨戦過程とか適正とかの上積みができるかという問題なんでしょう。
 指数的には、G2以上の上位組は概ねクリアしているという感じなんですが、その中で私が一番いいと感じるのはウオッカです。

 昨年のダービー以降、勝ちから遠のいていますが、基本的に牝馬が古馬の中長距離路線で実績を出すというのは難しいことだと思います。同世代のダイワスカーレットは思いっきり通用しているので、ウオッカはちょっとダメっぽく映りますが、あれが普通だと思います。

 そもそも、ダービーで快勝しちゃったからあのくらいの距離でもイケるという感じになってしまいましたが、エルフィンSやチューリップ賞といったマイルのレースであれだけ強い馬が、2400mも同じように走れるという方がおかしいんです。
 これは3歳のクラシック戦線を例にすると分かりやすいと思います。桜花賞後、オークスに向けて牝馬でも2000m以上のレース使うことが多くなりますが、1600mあたりのレースでは、それほどなかった牡馬と牝馬の差が、2000m以上となるとものすごい差になってしまいますから。

 前走は惜しくも2着でしたけど、強かったですよね。牝馬同士っていうよりも、やっぱり1600mが良かったんだろうなと思います。
 ヴィクトリアマイル勝てなかったおかげで、人気も背負わなくて済みますから、むしろ前回よりもいいんじゃないでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード