RSS

とりおやコラム「予想を売るということ」

どうも、とりおやこです。

コラム書くのなんていつ以来だろうか。まあ、いつでもいいや。
ちょっと書きたいことがあったので、久しぶりに書きます。

さて、今日のテーマは「予想を売るということ」なんですが、
これは、私が懇意にしている(と勝手に思っている)
小倉の馬券師Tさんが有料予想を開始して、
本格的に「プロ」として活動し始めたことによるものです。

小倉の馬券師Tさんは、私が太鼓判を押す「本物」であり、
勝てる予想家である小倉の馬券師Tさんが予想を売ることは、
ごくごく自然なことだと感じています。

募集の方は既に締め切っていて、
向こう1年は再募集もしないと言い切っていますが、
これは、大変男気あふれる選択だと思います。

再募集しないということは、減る一方のはずですが、
それでも大丈夫というのは、
減らないという自信とともに、オッズの低下を危惧してのものでしょう。

自分には、こんな状況で勝てる自信ありませんもの。
(そんな状況じゃないのに勝ててないし)

ということで、小倉の馬券師Tさんの新たな挑戦については、
心からエールを贈りたいと思います。

ただ、この「予想を売る」ということに対して、
素直に喜んでいるかというと、実は複雑な気持ちもあります。

自分も、恥ずかしながらかつてはプロを目指していて、
その時に、「プロになるとしてどうやって食っていく?」
という単純な問題について、
「予想を売る」ということも、一応マジメに考えたことがあります。

その上で、自分が思ったのは「売りたいのは予想じゃないな」ということ。

いや、ちょっと違うな。
「予想を買いたい人を商売相手にしたくない」という感じでしょうか。

勝てる予想を買うのは、
なんだか、金で金を買うような感じがしてイヤなんです。

誤解がないように言っておくと、
小倉の馬券師Tさんから配信される予想は、
単に◎を指名するだけでなく、
小倉の馬券師Tさんの競馬感を多分に含んでいるもので、
それだけでも金を払うに値するものですから、
当たる予想が欲しいだけじゃなく予想を買っている人もいるはずです。

ただ、現実的には、金で金を買うという側面があるのは否めなくて、
それが、この商売の大前提なんです。

さらに誤解がないように言っておくと、
小倉の馬券師Tさんはこういう現状の中で、
可能な限り誠実なチョイスをしたと思っています。さすがは小倉の馬券師Tさん。

それでも自分は、素晴らしい予想家がいたら、
その予想家そのものを買うようなシステムであって欲しいなあ、
と思う次第です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード