FC2ブログ
RSS

先週の注目馬(レインダンス)

 先週の注目馬は、日曜の阪神7R(500万下/芝2200m)を勝ったレインダンスです。

 レインダンスは500万という身の上ながら、チューリップ賞3着、桜花賞6着、オークス7着というなかなかの実績の持ち主です。
 中でも光るのがチューリップ賞で、1,2着は言わずもがなのウオッカとダイワスカーレットで、それぞれ桜花賞馬とダービー馬です。しかも、5着にはオークス馬のローブデコルテいるわけですから、今となってはものすごいメンバーだと思わされるわけですが、それだけに3着のレインダンスが、今まで500万下だったということに驚かされます。

 とは言え、このレースにはデビュー2戦目で京都新聞杯3着となったサンライズベガがおり、この2頭の対決が、このレースのポイントであったのは間違いありません。
 2頭はともに、クラシックのステップレースで3着となった馬でしたが、牡馬G2で0.2秒差のサンライズベガに対し、牝馬G3で1秒差のレインダンスは、それだけ見るといかにも不利な感じがしますし、1番人気がサンライズベガというオッズも、その辺を表していたように思います。

 ただ、終わってみればレインダンスの圧勝でした。実は、スピード指数的にも、レインダンスが圧倒的に上となっていたんです。
 今年は、全体的に牝馬限定戦の方が指数高めということもありますし、中でもウオッカとダイワスカーレットは、牡馬を含めても飛び抜けた存在でした。ですから、チューリップ賞で1秒差の3着と言っても、京都新聞杯よりはずっと高いですし、桜花賞に至ってはそれよりもさらに上の指数となります。

 今回は、藤岡騎手の減量分も重なって49キロでの出走となりました。軽量と言えば、宝塚記念のときに51キロで出走したウオッカに対して「裸同然」なんて表現もされていましたが、本当の裸同然というのはこういうことを言うんだと、レインダンスの豪快な末脚を見て思いました。
 次はさすがに特別ですから減量分の3キロはもらえないわけですが、今回の勝ちっぷりやこれまでの指数を見る限りでは、秋には賞金を気にしないでレースを使える身になれるんじゃないかという気がします。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード