RSS

上位2頭についての雑感(秋華賞2015回顧)

どうも、とりおやこです。

秋華賞は、マキシマムドパリが3着を死守して、
何とか秋のG1で初日を出すことができました。

熱く語りながらも、半信半疑なところがあって、
レースを見ながら、「これ本当に来るんじゃね?」
なんて思ってました。
(「いい」ということは100%信じてますが、
秋華賞で来るかと言われたら話は別)

さて、勝ったのはミッキクイーンでしたが、
オークスで差したローズS上位馬だったんで、
まあ順当な結果だと思います。

本命にできなかったのは、
1番人気としては少し物足りなかったせいでした。

「たぶん、ここにルージュバックがいたら、
1番人気はルージュバックだったんじゃないか」

という思いがあって、ミッキクイーンは2番人気っぽい馬だと
感じてたんですね。

ぶっちゃけ、無冠の身で3冠とも1番人気になるようなことがあれば、
(ルージュバックのことです)
それこそ不安しかないわけで、
そうなれば、ミッキクイーンに◎でも何でも打てたわけですが、
そういう頭があればこそ、なおさら◎は打てなかったわけで。

なんにせよ、1番人気の重圧にも負けず、勝ち切ったのはすごい。


2着のクイーンズリングにも思うところがありました。

クイーンズリングと言えば、フィリーズレビューの勝ち馬ですが、
スプリンターの多いフィリーズレビュー馬にあって、
明らかにスプリンターじゃないのが、この馬。

スプリンターのフィリーズレビュー馬は、
その後のスプリント戦で狙うものだと思ってますが、
スプリント馬じゃないフィリーズレビュー馬は、
ひょっとすると、秋華賞こそが狙い目なんじゃないかと、
少し頭をよぎってたんですね。
(メイショウマンボがいい例ですね)

結局、ヒモにも指名しませんでしたが、
あながち間違いでもなかったんかなあ、なんて思いました。

馬券的には逃した格好になりますが、
こういうのは、すぐに飛びつくよりも、
ある程度消化してからの方が身になると思ってるので、
これは来年以降で活かせたらいいんじゃないですかね。

というわけで、まとまりもなく書いてきましたが、
今年の秋華賞の感想はこのような感じで。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード