RSS

天皇賞秋→JCは距離短縮!(ジャパンC2015回顧)

どうも、とりおやこです。

ジャパンCは4歳牝馬のショウナンパンドラが勝利。
牝馬の強いレースですね。

牝馬がこのレースで強い理由について、
自分なりの見解としては、
「必要とされる適性距離が短い」からだと思ってます。

東京の2400と言えば、ダービー・オークスのコース。
特にダービーでは、皐月賞からの距離延長が響く馬も多いので、
適性距離が短いということに違和感を感じる人もいるでしょう。

ただ、過去にジャパンCで好走した馬には、
ファビラスラフインやアドマイヤムーンなど、
2400mは厳しそうな馬も結構います。

一方、春の天皇賞実績馬が厳しい傾向にあって、
その辺でも2400mらしからぬ部分が見え隠れします。

秋の天皇賞→ジャパンCというローテだと、
単純に考えると400mの距離延長なんですが、
天皇賞秋の実績馬が距離に泣いた例は少なくて、
むしろ、距離延長を活かせなかった馬の方が多いくらいです。

今回勝ったショウナンパンドラも、去年の秋華賞馬で、
適性距離は2000mか、もっと短い距離のような気がします。

牝馬全体だと、こういう馬が多いので、
相対的に牝馬が活躍するというのが実体だと考えます。

この考え方は、2年前から言ってるんですが、
未だに他に言う人が現れない(知らないだけ?)ので、
結構、革新的な意見だと思います。

おそらく、この傾向はもう少し続くだろうし、
他に言う人もいないようなので、
来年はうまく活かせたらいいなと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード