RSS

ベストレース2016

どうも、とりおやこです。

今年も、当ブログでは恒例の「ベストレース」の時期となりました。

ベストレースは、その年の全てのレースの中から、
私が、スピード指数的な観点から「素晴らしい!」と思うレースを選んで、
「ベストレース」として紹介するものです。
(「スピード指数的な観点」=「指数が高い」ではありません。念のため)

そして、栄えある今年のベストレースですが、
「弥生賞」にしたいと思います!(パチパチパチ)

弥生賞とした一番の理由は、強い馬が能力どおりのレースをしたこと。
これに尽きます。

弥生賞には、朝日杯の1,2着であるリオンディーズ、エアスピネルと、
デビュー2戦目で若駒Sを勝ったマカヒキが出走し、
3強の対戦に注目が集まったレースでしたが、
内容の方も、3強が3強らしい走りを見せたレースになりました。

3強が強いのは分かってましたけど、
過去に、そういう馬が何頭もコケてるのを見ているので、
ナンボかは疑ってかかってましたが、
この世代において、この結果になるのは必然であったとも思えます。

と言うのは、皐月賞にしろ、ダービーにしろ、その他の主要レースにしろ、
これほど、レースが能力どおりに決まり続けたことはないと思うんです。

例えば、さっきの3強の皐月賞は、順位を変えることなく、2、4,5位だったし、
皐月賞の上位5頭が、そのままダービーでも上位5頭だったし。

細かい部分では、皐月賞のディーマジェスティは流れに乗れすぎたとか、
ダービーのヴァンキッシュランは走らなすぎたとか、
多少の「能力どおりじゃない部分」はありましたけど、
ほとんどの主要レースが、ほぼ能力どおりに決まったと思います。

そして、弥生賞は、3強の強さに加え、
タイセイサミットらの「強い2軍」が、うまく3強との対比にもなっていて、
今年の3歳クラシックの縮図であったなと感じました。

その後、マカヒキは凱旋門賞惨敗、リオンディーズが引退するなど、
この世代の本当の強さが発揮された場面が少なかったですが、
サトノダイヤモンドの有馬記念勝利を見るに、
間接的にではありますが、「やっぱり弥生賞はすごかった!」と思えるのです。

指数的には、目を見張るような高さではないですが、
それも含めて、極めて能力どおりに決まった結果でもあり、
スピード指数的観点からも、素晴らしいレースだと思いました。


以上、今年のベストレース発表でした。
来年も素晴らしいレースを期待しています。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード