RSS

「津村」なのか「カフジテイク」なのか(フェブラリーS2017回顧)

どうも、とりおやこです。

今年最初のG1は、残念ながらハズレでした。
初っ端を当てて、気分よくしたかったんですけどね。

勝ったゴールドドリームに関しては、個人的に無印でしたが、
それは単にチャンピオンズCの惨敗を消化できなかったからで、
世代ナンバーワンの実力であることは間違いないし、
若くてスピードのある馬が強いレースでもあるので、
大人しく負けを認めたいと思います。

ということで、ゴールドドリームについては、語れるものがないので、
ここではカフジテイクについて語ります。

根岸Sを勝って1番人気になったカフジテイクでしたが、
根岸Sでの豪快な勝ちっぷりや、
距離不安だったチャンピオンズCでも4着に食い込んだことや、
そもそも東京が合ってるであろうことを踏まえると、
ギリギリの1番人気は意外なように感じました。

特に、競馬通(という表現で合ってるか分かりませんが…)の間で、
カフジテイクに印を打つことに抵抗感を感じているのを感じました。

この抵抗感の正体は恐らく、
今までさんざん人気にならなかったカフジテイクが、
前走の勝ち方一発で、G1人気馬になったということと、
決して一流ジョッキーではない鞍上のせいだと思うんです。

経験則に従って、こういう抵抗感を感じることは、決して間違ってなくて、
自分でも同じように感じていましたが、
今回の場合、むしろ過剰反応しすぎなようにも感じました。

特に鞍上への不安を、多くの人が抱えているように感じましたが
津村騎手のG1成績は、これまでの乗り馬の質を考えると決して悪くなく、
期待値だけを考えると、マイナスではないように思いました。

「人気しすぎ」とか、「オッズ付きすぎ」ってのは、よく感じるものですが、
全ての要素を、適正に判断するなんてことはできないと思ってて、
要は、何が大事で、何が大事でないか、の取捨選択だと思うんです。

そういう意味で、カフジテイクの評価をするときに、
「津村」という要素が、どれほど大事であるかということを、
今一度考えてみる必要があると思います。

今回、津村Jのカフジテイクは1番人気3着だったので、
負けと言えば負けですが、負けたのは津村なのかカフジテイクなのかは、
改めて考えてみる必要があると思いました。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード