RSS

いかにしてキタサンブラックを負かすか(大阪杯2017回顧)

どうも、とりおやこです。

ステファノスの2着で、今年のG1初的中です。
いやー、早めに初日が出て良かった。

ステファノスは、今までにない先行策でしたが、
いい感じでキタサンブラックの後ろを取れたのでイケるなと思ってましたが、
逆に、あの流れでキタサンブラックを交わせないとすれば、
キタサンブラックの牙城を切り崩すのは、非常に厳しいなと思いました。

キタサンブラックに関しては、前からさんざん書いてるとおり、
長距離であれ、中距離であれ、
展開が不利に働くことの少ない馬だと思ってますが、
ペースの流れる中距離こそが本職だと思ってるんですよ。

だから、今回のように、ある程度のペースで逃げてくれるレースは、
一番実力を発揮できる環境で、
他の馬が手も足も出ないのは、仕方のないこと。

マカヒキやアンビシャス目線で見れば、仕掛け遅れのようにも映るけど、
あれを負かすだけの差しをしようと思ったら、
とんでもない実力と超ロングスパートに耐える持続力がいるわけで、
そんなのゴールドシップみたいな馬じゃないとムリだと思います。

ただ、長距離なら話は別。

長距離でのキタサンブラックは、メジロマックイーンのような
「100%の力を出し切られたら勝てない」なんてものを持ってるわけじゃないので、
やりようによっては勝てると思うんですよ。

ただ、レースの主導権をキタサンブラックが持ってることが多くて、
誰も100%の力を出せない状況を作られてしまうので、
まずは「主導権を渡さない」というのが重要だと思います。

まあ、それはそれで難しいことでもあるんですが。

何にせよ、天皇賞が楽しみになる大阪杯だったと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード