FC2ブログ
RSS

アーモンドアイに負けた馬の話をしよう(天皇賞秋2019回顧)

どうも、とりおやこです。

秋の天皇賞は、アーモンドアイがとてつもない馬であることを
思い知らせるレースでした。

安田記念では、色んな偶然により負けてしまいましたが、
やはり強かった。史上最強馬クラスに強かった。

というわけで、アーモンドアイについてはもはや語ることがないので、
2,3着について語ろうと思います。

まず2着のダノンプレミアムですが、個人的には完全に見誤りでした。

「お前なんてマイラーズC馬だろ」ってのが自分の評価で、
3番人気は評価されすぎって思ってたんですが、
人気以上に走ったし、着差以上に堂々の2着でした。

ダノンキングリーとの使い分け(と思われる)で、
この馬が天皇賞に出ると聞いたときも、「逆だろ」と思ってて、
マイルCSレベルの馬かと思ってましたが、こんなに強かったんですね。

ダノンプレミアムがこの強さを見せてしまうと、
キングリーのマイルCSは初G1待ったなしだなあと思わずにはいられません。
(アエロリットにも勝ってるわけですし)

そして、次に3着のアエロリットですが、こちらは本命候補でもあり、評価してる馬でした。

アエロリットは、高速馬場での逃げが非常に得意で、
今年の馬場状態からすると、かなり向いていると思いました。

それでも本命にできなかったのは、
天皇賞は逃げ馬の暴走傾向が非常に高いレースだからです。

去年のキズナのように、他馬に脚を使わせるという相対的な逃げであれば、
まだ悪くないと思うんですが、
「自分のペースで行って、あとは他の馬次第」というような逃げでは、
天皇賞という特別な状況からか、オーバーペースになりやすいんです。

それは、2000年以降で逃げ馬の3着内が3回という結果に表れていると思います。

でも、今回のアエロリットのペース配分は見事で、
戸崎Jは完全にアエロリットを手の内に入れているなと感じました。

まだ指数は出していませんが、アエロリットの逃げるレースは総じて指数が高いので、
今回も相当な指数が出ているはずです。

4着以下に負けた馬にしても、高い評価をしていいレースじゃないかと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード