FC2ブログ
RSS

#菊花賞 2020 出走馬指数 ◎ディープボンド



サリオスがいない今、コントレイルに次ぐ2番手の馬は、
すっかりヴェルトライゼンテになりました。

ダービー、神戸新聞杯とヴェルトライゼンテに◎を打った者としては、
ようやく世間が理解したかという感じなんですが、
世間が理解した今買うべきは、ヴェルトライゼンテでなくディープボンドです。

コントレイルと一緒に走ったレースでは全く馬券になっていませんが、
実はそんなに負けてないです。

それはヴェルトライゼンテとの比較だと分かりやすくて、
3つのレースでのヴェルトライゼンテとの差は、全て0.1~0.2秒という僅差です。

ヴェルトライゼンテと違って馬券に絡めていなかったり、
皐月賞で2桁着順だったりするせいで、成績の印象は随分違うでしょうが、
2頭の力量差はほとんどないと思います。

そして、これまでのレースでのディープボンドは、
コントレイルに真っ先に交わされていたので、展開的に不利でしたが、
菊花賞では、その脚質が有利になるはずです。

菊花賞の予想では毎回書いてますが、菊花賞で必要なのは積極性で、
4コーナー以降、真っ先に逃げ馬を交わした馬が一番有利なんです。

コントレイルがどの位置から先頭に立つかはともかく、
コントレイルを交わし切るのは極めて難しいと思いますが、
それでも、いち早く先頭に立った馬が最後には残ると思っています。

ディープインパクトが三冠を達成したときもそうでした。

ディープインパクト世代は、上位馬がほぼ固定されていて、
ディープインパクトにくっついていった馬ほど有利に立ち回る傾向にありましたが、
こと菊花賞に関しては逆で、積極的にレースをしたアドマイヤジャパンが残り、
連れて動いたシックスセンスやアドマイヤフジは届きませんでした。

神戸新聞杯でのディープボンドは、
コントレイルに交わされた後は内からも外からも差されましたが、
あれはコントレイルがいたからこそ差せたようなもので、よく粘っていたと思います。

神戸新聞杯で5着に沈んだアドマイヤジャパンが、
同じレースをして菊花賞で2着に来たように、ディープボンドにも走ってほしいです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード