FC2ブログ
RSS

明日の重賞(宝塚記念)

 ウオッカが出てきましたねえ。ウオッカに関しては、「規格外」とまで称しながらダービーのときに推せなくて非常に悔しい思いをしたんで、ここで改めて推すかどうかちょっと悩んだんですが、やっぱりやめました。
 桜花賞までのウオッカに関しては一戦一戦が驚きだったんですが、ダービーは、勝ったことは素晴らしいと思いますが、新たな驚きというのはなかったですし、指数自体も特に目を見張るようなものではありませんでした。

 そんな指数でも、斤量補正をすると案外足りちゃったりするものなんです。指数だけをざっと眺めると、ウオッカの指数は結構高い部類になります。
 でも、斤量補正って微妙なんですよ。ウオッカなら高い部類でも問題ない感じがしますけど、アサクサキングスも同じように高い部類ってのは、何か納得いかない気がしますよね。古馬に混じる3歳馬ってのは、どうしても高く出やすいもんなんです。

 一方、低く出やすいのが4歳馬。以前の宝塚記念で、4歳のシンボリクリスエスを本命にしたんですが、このとき、指数は足りてないのに推したということがありました。
 なぜかというと、前走が3歳時のレースだったシンボリクリスエスは、そこから3キロの斤量増となっていたんですが、年齢による斤量増は特に加味しないため、その3キロ分は単に指数を低くしてしまうわけです。
 結果的にシンボリクリスエスは勝てなかったんですが、考え方としては間違ってなかったと思います。

 で、これは何を推すために書いているかと言うと、カワカミプリンセスです。指数的に高水準の馬は何頭かいて、その1頭がカワカミプリンセスなんですが、カワカミプリンセスは秋華賞、エリザベス女王杯という3歳時のレースで、ダイワメジャーらの指数に肩を並べているわけです。
 それだけでも十分すごいことなんですが、それが3キロの指数的不利あってのものなんですから、実質的には随分上ということになります。

 前走大敗したのは決して歓迎できないんですが、何着だからどうというようなレースではないと思ってますんで、オッズが上がった分でトントンでしょう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード