RSS

ダノンシャークを「ものさし」に

どうも、とりおやこです。

先週の日曜京都の未勝利戦に、ダノンシャークって馬が出てました。

新馬戦から、2戦続けて2着だったので、もちろん人気だったんですが、
人気の理由はそれだけはなくて、その負けた相手が、
黄菊賞2着のリベルタスと、
東京スポーツ杯勝ちのサダムパテックだったんです。

どちらも、相手が悪かったとしか言いようがなくて、
もはや、未勝利レベルでないのは、明らかでした。

でも、このダノンシャーク、またしても2着だったんです。
勝ったのは、新馬戦3着だったグラッツィアでした。

一見、「強敵2頭と渡り合ってきた馬が、新馬戦3着馬に?」
という感じですが、
なんのなんの、グラッツィアの新馬戦も、なかなかのものです。

1着のコティリオンと、2着のアドマイヤカーリンは、
どちらもディープインパクト産駒で、
生まれ、育ちともに、「超」のつくエリート馬です。

エリート2頭は、どちらもすごい走りで、
グラッツィアの負けは仕方ない、という感じだったので、
ダノンシャークを負かしたのも、
別に不思議なことでも、何ともないと思いました。

最初に戻りまして、ダノンシャークを負かした馬は、
どちらも、それなりの活躍をしているわけです。

ダノンシャークを「ものさし」としますと、
グラッツィアについても、当然、それなりの期待ができそうですし、
さらに、そのグラッツィアを負かした2頭は、
ひょっとすると、すごく強いんじゃないか、とも思います。

「伝説の新馬戦」なんていう言葉が、よく使われるようになりましたが、
今年に関しては、「ひょっとするとここか?」
なんていう気も、しなくはなかったりします。

実はこのエリート2頭、ウマジンPOGで、自分が指名した馬なんですけど、
ウマジンPOG的には、
この2頭を揃って指名した者という立場と、
チームとしては重複指名していないという面があるので、
非常に立ち位置が難しいんですが。

にほんブログ村 競馬ブログへ

今年は有力馬が分散してるので、「伝説」はないと思いますけどね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード