RSS

命までは取られない

どうも、とりおやこです。

「命までは取られんから」

これは、私が社会人になってすぐの頃、
職場の先輩とマージャンを打っていたとき、
その先輩が、遅打ちの私に対して言ったことなんですが、
これが、今でもすごく印象に残っています。

その先輩としては、「いいから早く打てや」
くらいの気持ちで言ったと思うんですが、
言われてみると、なるほど、「命までは取られん」のですよ。

確かに、勝負に負けるのは悔しいし、
「負けてもいい」なんて思って勝負をすることはないんですが、
負けたところで、せいぜい小金を失うくらいだし、
一生懸命守ろうとしたプライドだって、もともと大したもんじゃないです。

それよりも、勝とう勝とうとして萎縮したり、
ひたすら安全な道しか選ばなくなる方が、
勝負師としては危険だと思います。

ときに、人生を賭けるような勝負もあるだろうけど、
それにしたって、命まで取られるよりはマシです。
人によっては、
「命と同じくらい大事なんだ!」ってモノもあるだろうけど、
やっぱり、命より大事ではないと思いますよ。

ひどく厳しい状況であったとしても、
命を取られることに比べれば、大したことはない。
まして、競馬で負けるのなんて、「ヘ」みたいなもんです

この言葉は、「ちょっとうまくいかないな」ってときに、
まじないのように使っているんですけど、
こんなものでも、あんがい効果があったりするものです。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
291: by corazon on 2011/01/17 at 04:40:21

良い言葉ですね!今の私にはとても合います。ですが、若い頃にはシャレにならない事態を数多くやらかしてきたので、「ここで失敗したら命を取られる」事だって、やっぱりあるんですよ…。ああ、生きてるって素晴らしい。
競馬の負けを「へ」と言える人は、勝ち続けているからこそ言えるのだと思いますよ。
だけどやっぱり、「へ」でもイヤだなあ…。
対決の時には、「へ」を連発しないように頑張ります。

292: by とりおやこ on 2011/01/17 at 21:37:37

>corazonさん
私は、どちらかというと、危ない橋を渡らずに失敗してきた方なので、
シャレにならないような経験を積んできた方には、やっぱり敵わないなあ、と思います。
まあ、何にしても、生きてるってすばらしいです。

自分は、勝ち続けたから言えるというよりは、
負けて、負けて、負け続けたからこそ、今、こうやって言えるような気がします。
負ける経験も重要です。

対決、楽しみにしています。

あと、最後、いいオチです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード