RSS

明日の重賞(京都記念) ◎ヒルノダムール

5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  96  100   95   88   82    01 オウケンブルースリ
  83   85   98   93   89    02 トゥザグローリー
  76   65   77   74   83    03 ビッグウィーク
  78   72  100   消   79    04 ダノンシャンティ
  88   96   85   88   81    05 メイショウベルーガ
  73   59   75   82  103    06 ロードオブザリング
  78  102   88   82   79    07 ヒカルカザブエ
  68   83   79   消   93    08 ホワイトピルグリム
  92   78   **   88   84    09 シャドウゲイト
  84   88   85   83   89    10 セラフィックロンプ
  89   87   86   91   消    11 プロヴィナージュ
  74   88   85   94  102    12 ヒルノダムール

--------------------------------------------
◎ ヒルノダムール

私にとって、いちばん印象に残っている京都記念は、
アドマイヤムーンとポップロックが激突した、
4年前のレースです。

あのレースは、
ディープインパクトに次ぐ、長距離の準エースであるポップロックと、
次の中距離エースになるであろうアドマイヤムーンの対戦で、
能力的には、ほぼ互角だったと思っています。

2200という中・長距離が入り混じるレースで、
どちらに軍配が上がるかというのが、勝負の見所だったんですが、
結果的にアドマイヤムーンが勝ったことで、
「京都記念は中距離馬のもの」と感じたのが、印象的でした。

と、前置きが長くなりましたが、
中距離馬の中から、というチョイスで、ヒルノダムールです。

皐月賞好走して、ダービーでコケる馬というのは、
弱いか、距離が長かったかの、どちらかしかないです。

ヒルノダムールに、「実は弱かった」の線は、もうないですから、
やっぱり距離が長かったんですよ。

前走、何だかんだで、京都2400をこなしてしまいましたが、
少しでも短いに越したことはないし、
レースの質として、日経新春杯と京都記念は、
200m以上の差があると思います。

それこそ、ダービーと皐月賞くらいに。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード