FC2ブログ
RSS

統計から見るスピード指数

 ブログ開設に伴いまして、新コーナーとして「統計から見るスピード指数」というものを開始したいと思います。

 そもそもスピード指数はどのくらい勝てるのか、何が得意で何が苦手なのか、スピード指数的に狙うべきところはどこなのか、なんてことを、データの上から掘り下げてみたいという企画です。

 そんなわけで、記念すべき第1回目のテーマは「指数が高いということ」です。

 「スピード指数では勝てない」という時代になって久しいですが、それでは一体どのくらい勝てないのか、本当に勝てないのかということを、これから説明したいと思います。
 ある意味、これが「スピード指数の実力」とも言えますので、今後についても、これをベースに考えて頂ければと思います。

勝率 21.4%
複勝率 49.4%
単回収率 85.8%
複回収率 87.6%


 これは、当サイトで昨年末まで行われていた「ハイレベル君」というコーナーで、対象となった全ての馬について、次走の成績をまとめたものです。
 次走が芝・ダート替わりだったものを除いてカウントしており、対象となった馬の数は、のべ6654頭となります。
 全てのクラスに渡って抽出し、いずれのクラスにおいても、基準となる数値から5ポイント以上高いものを「ハイレベル君」として抽出しました。
 もちろん、次走のクラスは問わず、昇級となったもの、同クラスでの出走となったもの、中には降級となったものも僅かながらおります。それらをすべてひっくるめた数字として、認識してください。


 さて、データの分析ですが、このデータで特筆すべきは単複の回収率です。それぞれ85.8%、87.6%という数字は、いずれも100%を割り込んでおり、ある意味「負け」であることを示しています。
 ただ、単複における控除率の上での平均値は80%であり、それは上回っていることを考えると、何も考えずに買うよりは随分と成績が良いことになります。言い換えれば、この7ポイント程度の差が「スピード指数の実力」とも言えるわけです。

 まずは、単純な指数比較では勝てないということ、そしてある程度の効果はあるんだということを理解していただければと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード