FC2ブログ
RSS

ヒルノダムールは中距離馬でなかったのか?

どうも、とりおやこです。

「強い4歳」の天皇賞は、
ヒルノダムールが、初のG1を獲得することとなりました。

ヒルノダムールは、京都記念、大阪杯と続けて本命にしていたので、
思い入れが強い一方で、
「ヒルノダムールは中距離馬」ということに、
かなり確信を持っていたので、
春の天皇賞で勝ってしまったことは、すごく驚きました。

ただね、
今年の天皇賞は、距離云々のレースではなかったですよ。

いいとか悪いとか、上手いとか下手だとかいうのではなく、
あの展開を読み切ることなんて、
見てる方も、乗ってる方もできないし、
「ヒルノダムールにとって、何が良かったのか」なんてことも、
ひと言では、言い表せないと思います。

ほんとうに、「春の天皇賞は、難しくなったなあ」と、
つくづく思うところです。


ひとつ、反省点らしきことを書くとすれば、
かつての「本命馬」と、今年の4歳には決定的な違いがあって、
それは、阪神大賞典を使わなかったと。

「本命馬」が、ほんとうに本命馬としての役割を果たすときは、
阪神大賞典からして、違っているんだろうなあ、と思います。


個人的な感覚としては、
そんなに「距離」に怯えなくてもいいと思うんですけどね。

乗る方も、使う方も。

みんなが、真っ向勝負を挑めば、
自ずと、「強い馬が勝つ」という構図になると思うのは、
馬を見てるだけの人間だからなんでしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

最近、かなり当たっておりません。
「逆神」とか言われないか心配でなりません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード