RSS

NHKマイルC回顧 「コティリオンからクラシックを眺める」

どうも、とりおやこです。

コティリオンは、届きませんでしたね~
後ろ過ぎたっていうよりは、前が強かったんでしょう。

本来ですと、その「強かった馬」について、
書くべきところなんでしょうけど、
グランプリボスについて、大したことは書けないので、
今日は、コティリオンについて書きます。

結果としては2着ですから、
「ちょっと足りなかった」、ということになります。
予想で、「ダノンシャンティやクロフネに迫る」
なんて書きましたが、
そのとおり、迫るところまででしたね。

ただ、個人的には、よくやったなあ、という思いもあるんです。

ここまでのコティリオンは、
それはもう、思い通りにいかないなんてもんじゃありませんでした。

ベゴニア賞で勝てず、ラジオNIKKEI杯でも3着になり、
終いには、確勝を期した平場500万でも負ける始末。
もう、どうにもこうにもならないんじゃないかと思いました。

それが、毎日杯2着のおかげで、NHKマイルに出走できて、
「G1、2着馬」になれたわけです。

逆に、もっと前に賞金を稼いでいたら、
それはそれで、NHKマイル出走はなかったでしょうから、
何がどう転ぶかなんて、分からないものです。

本当にクラシックロードは難しい。


このコティリオン、新馬戦も決して楽ではなかったんです。

実は、新馬戦の2着馬もPOGで指名していて、
それがアドマイヤカーリンなんですけど、
ゴール前では、結構際どいところまで追いつめられて、
なんとか交わしたという感じだったんです。

で、そのアドマイヤカーリンはどうなったかと言うと、
これが、まだ未勝利も勝てていないんです。

出るレース出るレース、惜しいところで2着。
時期が時期だけに、休むに休めず使い続け、
最後には、余力が残っていなかったという感じで、
勝てないまま休養に入ってしまいました。

ともすれば、コティリオンがその立場になっていたとしても、
おかしくないような気もするし、
そこを勝てるかどうかが、
G1で勝負になる馬と、そうでない馬との違いとも言えます。

そういう、ほんのちょっとしたことで差がついてしまうあたり、
ほんとうに、クラシックロードの難しさを感じるし、
このドラマチックなところが、心を打つんでしょうね。

なんだか、高校野球にも通じるような気がします。

にほんブログ村 競馬ブログへ
違うのは、金賭けていいってとこだな。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード