FC2ブログ
RSS

オークス回顧 「来る桜花賞馬と来ない桜花賞馬」

どうも、とりおやこです。

オークスは、エリンコートですか。
失礼な話ですが、エリンコートなんて馬は、存在自体を忘れていました。

桜花賞組以外は、ほとんどノーマークで、
その存在自体、気にかけていなかったですし、
フローラSは、「自分が外れた」という記憶以外なかったし、
忘れな草賞にいたっては、
エリンコートに◎を打っていたことを、忘れていたほどです。

で、改めてエリンコートを見たんですけど、
この馬、デュランダル産駒なんですね。

デュランダル自身は、「マイルもこなせるスプリンター」
というイメージでしたが、
私の感覚としては、産駒はスプリントには寄ってなくて、
むしろ、距離は伸びたほうがいい、というイメージです。

デュランダル産駒の活躍馬と言えば、
白富士Sを勝って、目下3連勝中のカリバーンですけど、
カリバーンが2200までこなしているのも、
全く珍しい事例じゃないと思っています。

今、生産界におけるデュランダルの位置づけは分かりませんが、
比較的、サンデーらしい種牡馬なので、
もっと、いい肌につければ、伸びるんじゃないかと思うんですが。

この辺は、詳しくないので、深入りしませんがね。


さて、次に負けたほうの話ですけど、
やっぱりオークスは、何が起こるかわかりませんね。

ここ最近、絶対的な存在がいた年は、
とりあえず、桜花賞馬でも崩れてはいなくて、
マルセリーナは、大丈夫の方かなあ、と思っていましたが、
絶対的な存在では、なかったようです。
(自分の本命は、ホエールキャプチャでしたけど)

こういう結果になってみると、
確かに、絶対的な存在だった馬とは違うよなあ、
なんて、少し思ったりもするんですが、
何をもって、「絶対的な存在」と言うか、
マルセリーナは何が足りなかったのか、というのは、
よく分かってはいません。

たぶん、この辺が、「来る桜花賞馬」と
「来ない桜花賞馬」の見極めなんだろうなあ、
というのが、今のところの考えです。

少なくとも、桜花賞馬の見極めが、最重要課題なのは間違いない。

にほんブログ村 競馬ブログへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード