RSS

ユニコーンS2017 出走馬指数 ◎サンライズノヴァ

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  **   74   55   50   **    01 シゲルコング
  65   68   73   74   82    02 ハルクンノテソーロ
  66   51   63   69   80    03 ブルベアバブーン
  67   **   **   81   93    04 リエノテソーロ
  **   **   **   44   75    05 サヴィ
  47   63   54   62   77    06 ラユロット
  50   39   61   66   85    07 アンティノウス
  56   76   77   78   81    08 サンライズノヴァ
  74   71   67   69   82    09 シゲルベンガルトラ
  **   **   51   60   79    10 サンオークランド
  **   59   78   67   64    11 タガノカトレア
  48   71   **   72   42    12 テイエムヒッタマゲ
  64   67   79   78   82    13 ウォーターマーズ
  47   62   67   70   74    14 トロピカルスパート
  57   38   59   66   84    15 サンライズソア
  54   69   61   75   69    16 トラネコ
赤字はダート
--------------------------------------------------
◎ サンライズノヴァ

この世代は、エピカリス以外に抜けたダート馬がいないので、
エピカリス不在のレースでは、どうしても混戦になりますね。
(リエノテソーロは比較ができないので別格です)

そういうときって、どこかにピントを当てざるを得ないと思うんですが、
私がピントを当てたいのは樅の木賞ですよ。

樅の木賞って、2歳の500万下のくせに、
毎年すごくレベルの高いメンバー構成になって、
その世代のダート路線を代表するような馬が、
毎年のように出走しているわけです。

そういう中では、必ずしも世代で一番強い馬が勝てるとも限らず、
(成長の段階なんかもありますしね)
負けた馬の中にも、その後活躍する馬がゴロゴロいるわけですよ。

なので、サンライズノヴァに関しては、ここまで一貫して、
「樅の木賞3着馬」として評価して来ましたが(もちろん良い意味で)、
世間の評価というのは、OP特別ごときの結果で、
上がったり下がったりするわけですよ。

いやいや、まだ樅の木賞3着の方が価値ありますよ。
評価を変えるのは、ここの結果を見てからでいい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップいたしました。
どうぞ、ご利用ください。

6/10(土)
東京 -20 / -11
阪神 -29 / -2

6/11(日)
東京 -21 / -10
阪神 -23 / -12
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

マーメイドS2017 出走馬指数 ◎キンショーユキヒメ

5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  68   84   69   71   81    01 アースライズ
  78   76   78   80   87    02 バンゴール
  85   75   71   81   91    03 プリメラアスール
  86   79   72   74   87    04 クインズミラーグロ
  82   84   84   73   76    05 トーセンビクトリー
  77   87   76   72   89    06 キンショーユキヒメ
  90   74   69   93   75    07 リーサルウェポン
  70   74   85   87   84    08 ローズウィスパー
  82   12   83   83   77    09 ハツガツオ
  85   75   79   74   66    10 マキシマムドパリ
  86   86   80   77   74    11 ビッシュ
  90   78   83   87   84    12 ショウナンバーキン
--------------------------------------------------
◎ キンショーユキヒメ

まだ準OPも通過できてない馬ですけど、
準OPを勝つことと、牝馬限定G3で好走することを比較して、
どっちが難しいとか言えないなってのは、
ここにいる馬の成績を見れば分かることだし、
毎週予想してるような人なら、言わなくても分かるはず。

だからと言って、キンショーユキヒメが通用する理由にはならんですけど、
ここまでのレースを見るに、どっちでも通用する馬だと思ってます。

3歳の春には、牡馬の一線級と差のない競馬をしていたし、
1000万で走った馬を見ても、
ヴィクトリアマイルで好走したジュールポレールやアドマイヤリード、
今やOPをも勝ったタイセイサミットなど、強い馬と走っておりました。

ここにいるようなレベルの馬とは、既に手合わせをしているのに、
条件戦で足踏みをしていた成績のせいで、その能力はバレにくいと思います。

もちろん、実際に実力があればの話ですが。

にほんブログ村 競馬ブログへ

エプソムC2017 出走馬指数 ◎マイネルミラノ

5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  87   86   79   78   89    01 マイネルミラノ
  86   92   87   82   89    02 フルーキー
  81   73   65   78   73    03 バーディーイーグル
  94   92   90   85   80    04 ヒストリカル
  84   91   74   82   72    05 カムフィー
  83   72   80   84   86    06 デンコウアンジュ
  89   73   92   90   74    07 マイネルハニー
  83   73   63   74   87    08 トーセンレーヴ
  83   93   81   92   83    09 クラリティスカイ
  66   84   87   71   84    10 アストラエンブレム
  88   96   84   81   74    11 ベルーフ
  92   75   84   85   85    12 ダッシングブレイズ
  73   88   83   77   91    13 クラリティシチー
  67   67   87   85   79    14 タイセイサミット
  84   73   73   83   89    15 パドルウィール
  89   80   85   65   89    16 メドウラーク
  80   96   81   92   85    17 レッドレイヴン
  92   88   89   89   75    18 ナスノセイカン
------------------------------------------------
◎ マイネルミラノ

福島民報杯から直行のマイネルミラノですが、
福島民報杯勝ちって、実質的には重賞勝ちみたいなもんです。

今年に限らず、福島民報杯上位馬は新潟大賞典で強くて、
今年の新潟大賞典も、福島民報杯3着のサンデーウィザードに
持って行かれてしまいました。

これは、福島民報杯と新潟大賞典の相性の問題で、
エプソムCに直結するかは別問題なんですが、
少なくとも、「福島民報杯勝ち」と「新潟大賞典勝ち」は、
違うように映ると思います。

ちなみに、昨年のエプソムCは、新潟大賞典2着のフルーキーが2着、
新潟大賞典5着のマイネルミラノが3着でした。

にほんブログ村 競馬ブログへ

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップいたしました。
どうぞ、ご利用ください。

5/27(土)
東京 -18 / -9
阪神 -27 / -15

5/28(日)
東京 -25 / -3
阪神 -24 / -10
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

おみそれしましたサトノアラジン(安田記念2017回顧)

どうも、とりおやこです。

安田記念は、京王杯で人気を裏切ったサトノアラジンが勝ちました。

正直、京王杯の時点で人気しすぎと思ってた者としては、
「おみそれしました」と、シャッポを脱ぐしかない結果でございます。

そもそも、今年の京王杯に関しては、
マイラーズCに比べて今ひとつかなと思っていたので、
レッドファルクスの3着を含めて意外な結果というか、
評価が間違っていたんだと思います。

ただ、マイラーズCの評価が間違っていたかと言うと、
そうでもないとも思ってるんです。

結果的に、エアスピネルもイスラボニータも来なかったので、
そこだけ見るとダメだったんですけど、
エアスピネルもイスラボニータも、行き場を失っているように見えました。

もちろん、いい位置を取れない時点で何か足りないという見方もあるし、
こういうことに左右されやすいのがエアスピネルの弱さとも言えますけど、
「評価間違ってたわー」って言うほどでもないと思います。
(評価しすぎたなとは思うけど)

レースの評価って難しいですよね。

ある程度、「思い込み」みたいなものに支配されないとダメな部分もあるし、
頑なに信じすぎちゃダメな場合も多いし。

そういう意味では、そんな難しい評価はひとまず置いといて、
常に変わらないロゴタイプを買うってのが正解だったのかもね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

安田記念2017 出走馬指数 ◎エアスピネル

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬番・馬名
  84   76   87   79   81    01 トーキングドラム
  92   84   87   92   85    02 ディサイファ
  79   75   75   75   86    03 サンライズメジャー
  79   93   93   87   91    04 アンビシャス
  **   **   **   **   **    05 コンテントメント
  78   91   **   84   90    06 レッドファルクス
  70   77   79   83   59    07 グレーターロンドン
  73   93   91   67   88    08 エアスピネル
  74   76   65   78   66    09 ロンギングダンサー
  80   88   86   78   85    10 クラレント
  77   87   88   66   87    11 ブラックスピネル
  **   **   **   **   **    12 ビューティーオンリー
  87   78   69   57   82    13 ロジチャリス
  93   85   90   **   83    14 サトノアラジン
  92   88   93   84   91    15 イスラボニータ
  95   85   93   **   89    16 ロゴタイプ
  89   87   78   64   87    17 ヤングマンパワー
  83   95   **   85   94    18 ステファノス
----------------------------------------------------
◎ エアスピネル

年明けから鳴り物入りでマイルに路線変更したエアスピネルは、
京都金杯こそ勝ったものの、その後は3着→2着。

元々の期待を考えると、物足りないという人もいるだろうけど、
自分としては、エアスピネルの強さを再確認した感じ。

どのレースも、強い馬を相手に強い競馬をしていたし、
何より、「エアスピネルがいた」という存在感がハンパなかった。

勝ったレースも、負けたレースも、
他の馬を語る上ではエアスピネルを抜きにはできず、
「エアスピネルを相手に○着だった」なんて言ってたわけで、
そんな馬にそうそうなれるもんじゃない。

マイラーズCにしても、自分はイスラボニータを本命にして、
エアスピネルは無印でしたけど、
それでもこのレースの評価は、エアスピネルを軸に考えています。

つまり、今のマイル路線の中心はエアスピネルだったわけで、
それは今でも変わってません。

負けが続いたからと言って、馬の力が下がるわけじゃない。
下がるのは世間の評価だけ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード