RSS

エプソムC2018 出走馬指数 ◎バーディーイーグル

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  70   91   78   86   85    01 ブラックスピネル
  80   82   88   80   90    02 ベルキャニオン
  84   66   96   84   94    03 エアアンセム
  74   76   72   84   70    04 トーセンマタコイヤ
  73   83   84   91   88    05 グリュイエール
  83   80   79   90   71    06 ハクサンルドルフ
  74   94   76   88   92    07 マイネルフロスト
  88   68   82   96   98    08 サーブルオール
  59   78   79   82   85    09 スマートオーディン
  86   89   88   81   94    10 ダイワキャグニー
  87   87   82   85   71    11 シャイニープリンス
  71   70   77   83   84    12 マイネルミラノ
  79   94   88   84   90    13 アデイインザライフ
  73   85   72   84   85    14 バーディーイーグル
  84   78   84   88   79    15 ゴールドサーベラス
  82   60   90   90   93    16 サトノアーサー
---------------------------------------------------
◎ バーディーイーグル

ここ2年も馬券に絡んでいない馬なので、
もう「終わった馬」のように見えちゃうかも知れませんが、
前走はダイワキャグニーなどを相手にしての4着。
そんなに悪くないです。

あとは、前走4着をどんだけ信頼するかですけど、
去年も同じローテで、メイS5着→エプソムC5着でしたし、
その前の年も、似たような時期に準OPを3着→1着していますから、
この流れからすると、たぶん4着はあると思うんです。

唯一不安なのは、自分がこういう書き方をしたときは、
たいていの場合4着だということ。

なんとなく、4着な気がします。

にほんブログ村 競馬ブログへ

マーメイドS2018 出走馬指数 ◎ミエノサクシード

5走前  4走前  3走前  2走前  前走     馬番・馬名
  83   80   83   87   88    01 ワンブレスアウェイ
  82   80   76   93   80    02 ルネイション
  91   83   88   65   83    03 アンドリエッテ
  91   84   74   85   77    04 ミリッサ
  88   86   82   88   91    05 レイホーロマンス
  79   **   76   82   90    06 キンショーユキヒメ
  78   83   87   72   83    07 エテルナミノル
  94   88   57   74   58    08 スティルウォーター
  80   89   93   83   85    09 ティーエスクライ
  80   82   90   88   87    10 ヴァフラーム
  89   84   91   90   66    11 アルジャンテ
  86   77   68   87   75    12 ミエノサクシード
  95   92   80   84   89    13 エマノン
  78   83   82   88   83    14 トーセンビクトリー
  81   80   65   83   89    15 フェイズベロシティ
赤字はダート
------------------------------------------------------------
◎ ミエノサクシード

阪神牝馬Sのレースを見て、ヴィクトリアマイルに出てきたら
狙いたいと思ったのがミエノサクシードでした。

直線に入って、一瞬抜け出すかというくらいの位置にいたんですが、
そこから伸びずに6着止まり。

伸びなかった部分は、全くホメる場所がないですが、
自分としては、直線で伸びるよりも、
いい位置に付け、勝てる抜け出しをすることの方が、
よっぽど大事だと思っているんです。

ヴィクトリアマイルにいなかったのは残念ですが、
ヴィクトリアマイルに出ていた場合以上に期待はできると思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップしました。
どうぞ、ご利用ください。

6/2(土)
東京 -33 / -8
阪神 -27 / -8

6/3(日)
東京 -28 / -10
阪神 -29 / -5
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

にほんブログ村 競馬ブログへ

矢作師らしい勝ち方でした(安田記念2018回顧)

どうも、とりおやこです。

安田記念はモズアスコットですかー。

連闘でのG1制覇となりましたが、その予感は少し感じていました。

モズアスコットを管理するのは矢作調教師ですが、
矢作調教師って、少し変わった使い方をする方です。

最近では、普通に強い馬が多くなって、馬券的な旨味が少しなくなったものの、
意外な場面で好走する馬が多く、
個人的な印象としては、普通の使い方よりまともじゃない使い方の方が、
馬券的には狙い目な気がしています。

なので、OP特別で負けて連闘G1という「まともじゃないローテ」も、
「矢作師ならありえる」と、アタマをよぎっていました。

自分が買ったリアルスティールも矢作師の馬でしたが、
やはり矢作師ならこういう使い方のときに買うべきなんでしょうかね。

前走OP負けからのG1勝利は驚きと言えば驚きですが、
矢作師自身も、「前走は仕上がっていませんでした」と言ってたくらいだし、
かつてのスイープトウショウが、
谷川岳S5着から安田記念2着になったのに比べればかわいいものだし、
それが安田記念というレースなんだと思います。

前走OPから連闘での安田記念と言えばバンブーメモリーですが、
バンブーメモリーにしろスイープトウショウにしろ、その後も活躍していますから、
勝つまでのステップはどうあれ、モズアスコットにも期待できると思います。

が、主役になるととたんに勝てなくなるのが矢作師なので、
これからも驚くような使い方をしてほしいです。

マイルCSから連闘でJCとかどうでしょうかね?

にほんブログ村 競馬ブログへ

安田記念2018 出走馬指数 ◎リアルスティール

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  68   93   85   84   91    01 スワーヴリチャード
  81   81   85   79   88    02 サトノアレス
  81   84   82   75   83    03 ダッシングブレイズ
  91   83   79   91   94    04 アエロリット
  65   84   85   88   90    05 ペルシアンナイト
  83   87   88   80   87    06 レーヌミノル
  **   **   **   **   **    07 ウエスタンエクスプレス
  79   74   88   90   88    08 キャンベルジュニア
  95   90   83   89   78    09 レッドファルクス
  84   90   85   93   80    10 モズアスコット
  85   85   89   92   **    11 リアルスティール
  88   70   83   77   91    12 ヒーズインラブ
  83   84   90   86   82    13 ブラックムーン
  88   76   81   75   95    14 リスグラシュー
  72   78   84   92   97    15 サングレーザー
  86   86   71   50   84    16 ウインガニオン
-----------------------------------------------------
◎ リアルスティール

去年、一昨年と、ロゴタイプが安田記念で好走しましたけど、
ロゴタイプって、安田記念向きだったかと言うと、そうは思わないです。

一昨年の安田記念で、ロゴタイプを本命にしたときも書いたんですけど、
合ってるか合ってないかではなく、
強い馬がいい走りを続けていれば、そのうち来るレースだと思うんですね。

ロゴタイプのときに引き合いに出したのはグランプリボスですけど、
他にも、スーパーホーネットとかクラレントとか、
決して向いているわけでもなく、好調だったわけでもない馬が、
ひょっこり来るというケースがあるのが安田記念なんです。

リアルスティールは、中長距離G1でも結果を出してきた馬で、
今さら言うまでもなく、実績的に最上級クラスの馬です。

個人的に、唯一気がかりなのは、海外帰りということだったんですが、
これも、今回に限ってはあまり気にしなくていいように思います。

リアルスティールの場合、2年前に同じローテで失敗していることもあり、
これだけの実績がありながら、今回人気になってないんでしょうけど、
自分が気になってるのは、前回がどうということではなく、
海外帰りが総じて人気先行になりやすいという、ただ1点です。

だとすれば、今回のような場合であれば買いにくくもないし、
前回のドバイと比べて着順を落としていることも、
そもそも、安田記念が前走着順の関係ないレースですから、
全く気にする必要はありません。

大事なのは、「絶対値として安田記念で来るだけの力があるか」
それだけだと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

鳴尾記念2018 出走馬指数 ◎サトノノブレス

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  88   73   96   85   89    01 ヤマカツライデン
  78   91   85   87   76    02 トリオンフ
  71   88   82   93   78    03 モンドインテロ
  83   91   81   78   73    04 テイエムイナズマ
  78   70   44   81   85    05 トリコロールブルー
  92   96   80   93   93    06 マルターズアポジー
  89   75   80   78   72    07 ナスノセイカン
  84   89   90   86   88    08 ストロングタイタン
  86   91   75   86   89    09 タツゴウゲキ
  74   68   86   85   76    10 ストレンジクォーク
  87   **   **   85   80    11 サトノノブレス
赤字はダート
----------------------------------------------------------
◎ サトノノブレス

G1ステップとは名ばかりの微妙メンバーが揃いましたが、
まあ、いつものことですよね。

おそらく、近走で好走している馬が人気になると思いますが、
このレースは、なんだかんだ格上が強いレースで、
前走G1馬が期待以下の走りをしたことはほとんどないです。

というわけで、そういう局面でこそ強さを発揮するのがサトノノブレス。

ここ最近は、さすがに能力落ちが否めませんが、
もともとG1では足りなくてもG2では来る馬でしたから、
格下相手の強さには定評があります。

2年ぶりの重賞でもうひと花!

にほんブログ村 競馬ブログへ

安田記念2018 登録馬指数

どうも、とりおやこです。

安田記念登録馬の指数です。
どうぞ、ご参考に。

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走    馬名
  91   83   79   91   94    アエロリット
  86   86   71   50   84    ウインガニオン
  **   **   **   **   **    ウエスタンエクスプレス
  79   74   88   90   88    キャンベルジュニア
  81   81   85   79   88    サトノアレス
  72   78   84   92   97    サングレーザー
  90   92   77   81   81    スターオブペルシャ
  68   93   85   84   91    スワーヴリチャード
  78   83   86   83   80    タワーオブロンドン
  81   84   82   75   83    ダッシングブレイズ
  88   70   83   77   91    ヒーズインラブ
  83   84   90   86   82    ブラックムーン
  65   84   85   88   90    ペルシアンナイト
  83   84   74   84   88    ムーンクエイク
  84   90   85   93   80    モズアスコット
  85   85   89   92   **    リアルスティール
  88   76   81   75   95    リスグラシュー
  83   87   88   80   87    レーヌミノル

さて、今年の注目は、何と言っても大阪杯馬スワーヴリチャードの参戦でしょう。

そもそも大阪杯がG1になってまだ2年なので、
この大阪杯から安田記念の流れが珍しいのかも分からないんですが、
天皇賞(秋)の勝ち馬がマイルCSにあまり出てこないことや、
大阪杯より安田記念の方が格上だった頃でさえ、
あまりなかったローテであることを踏まえると、
まあまあ珍しいことなんだろうなと思います。

中長距離路線からの参戦は、昔からポツポツと例はあって、
昔は結構狙い目感がありましたが、
最近はリアルスティールが惨敗したり、
あのジャスタウェイでさえギリギリの勝利だったりして、
層の厚い中距離路線経験による優位は、それほどでもない気がします。

何にせよ、スワーヴリチャードの取捨というのが、
予想をする上でのポイントになるのは間違いないと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード