FC2ブログ
RSS

#チャンピオンズC 2019 出走馬指数 ◎ゴールドドリーム

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  88   77   93   85  104   01 タイムフライヤー
  91   90   96   98   82    02 モズアトラクション
  102   **   95   **   **    03 チュウワウィザード
  105  109  **   **   75    04 インティ
  56   84   **   **   **    05 クリソベリル
  **   92   95   **   **    06 オメガパフューム
  93   87   93   93  106   07 ワンダーリーデル
  97   92   94   97  102   08 ウェスタールンド
  99  100  85   95   97    09 サトノティターン
  **   **   **   **   **    10 ミツバ
  **   **  109  **   **    11 ゴールドドリーム
  93   92   86   89  102   12 キングズガード
  74   87   91   **   96    13 ワイドファラオ
  **   98   85   83   78    14 テーオーエナジー
  103  100  77   **   **    15 ロンドンタウン
  89   86   90   95  103   16 ヴェンジェンス
赤字はダート


◎ ゴールドドリーム

基本的に、チャンピオンズCは年寄りの強いレースです。
チャンピオンズCで世代交代は起こりません(通常)

1年は長いので、春の実績は遠い昔のように感じますが、
同年春のフェブラリーSの実績はチャンピオンズCでも通用するんです。

むしろ、次のフェブラリーSでは世代交代が起こりやすいので、
既に6歳のゴールドドリームにとって、次のフェブラリーはキツいと思います。

もっと言えば、ゴールドドリームは地方よりも中央の方が圧倒的に実績のあるので、
仮に暮れの東京大賞典に出たとしても、今回以上のパフォーマンスは望めません。
(まあ、出ないような気はしますが)

つまり、ゴールドドリームを高く買えるのは、
今回がラストチャンスではないかと思うんです。

地方では、期待を裏切ったことの方が多いと感じますが、
上に書いたとおり、中央の方が実績があって、
3歳秋以降では、ほとんどで指数100以上をマークするという圧倒的な強さ。

どうしても地方の結果が比較の中心になってしまいますが、
中央での比較なら、圧倒的に強いと思います。

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップしました。
どうぞ、ご利用ください。

11/23(土)
東京 11 / -25
京都 -10 / -3

11/24(日)
東京 2 / -35
京都 -8 / -3
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

#京阪杯 2019 出走馬指数 ◎アポロノシンザン

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  39   61   72   70   60    01 ラブカンプー
  84   86   76   消   69    02 アポロノシンザン
  69   71   70   78   72    03 パラダイスガーデン
  72   80   74   66   72    04 フミノムーン
  82   84   84   54   70    05 ビップライブリー
  82   89   外   78   85    06 ライトオンキュー
  84   78   82   80   82    07 カラクレナイ
  86   81   82   64   91    08 ダイメイフジ
  78   71   69   66   64    09 エメラルエナジー
  91   83   72   75   76    10 エントリーチケット
  75   83   82   75   81    11 アウィルアウェイ
  70   70   78   78   84    12 アイラブテーラー
  88   外   82   84   82    13 リナーテ
  92   93   70   77   89    14 モズスーパーフレア
  71   72   82   79   79    15 エイシンデネブ
  80   75   80   74   88    16 ニシノラッシュ
  80   68   86   62   **    17 ファンタジスト
  79   77   68   79   81    18 ダイシンバルカン 
赤字はダート


◎ アポロノシンザン

京阪杯は(というか京都芝1200は)内枠逃げ先行馬が圧倒的に強いコース。

過去の勝ち馬のほとんどは内枠からの逃げ先行馬だし、
穴を開けてきたのも決まって内枠の馬でした。

アポロノシンザンは、好枠引いたというのが一番の推し要素ですが、
それはそれとしても、決して終わった馬ではありません。

ダート戦とは言え、今年の春には勝っているし、
前走も、途中まで見せ場のある内容での3着でした。

新潟1000直は、スペシャリストが圧倒的に強いコースなので、
スペシャリストじゃない馬としては十分の走りです。

今回、同じ内枠に逃げ馬もおらず、
逃げそうなのが外枠のモズスーパーフレアとなれば、
内枠からスンナリのアポロノシンザンの優位は揺るぎないです。

#ジャパンC 2019 出走馬指数 ◎シュヴァルグラン

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  80   67  101  90   90    01 カレンブーケドール
  85   81   85   89  104   02 ワグネリアン
  72   88   78   止   81    03 ウインテンダネス
  85   79   81   89   86    04 ムイトオブリガード
  100   97   **   92  101   05 スワーヴリチャード
  69   64   91   93  104   06 ユーキャンスマイル
  78   93   83   83   84    07 ダイワキャグニー
  108  101  **   88   88    08 レイデオロ
  85   78   85   91   86    09 ルックトゥワイス
  83   74   82   81   96    10 ダンビュライト
  100  100  **   **   **    11 シュヴァルグラン
  83   84   72   80   83    12 タイセイトレイル
  85   80   94   84   91    13 エタリオウ
  96   83   85   82   97    14 マカヒキ
  75   76   84   86   87    15 ジナンボー



◎ シュヴァルグラン

海外遠征帰りのシュヴァルグランを狙います。

自分は、基本的に海外帰りを買わないようにしているんですが、
今回のシュヴァルグランは少し違います。

海外帰りが買いづらいのは、好走した結果が直結しにくく、
凡走した馬は、遠征により調子を落としている場合が多いからです。

今回のシュヴァルグランも、後者の可能性はありますが、
遠征からはかなり期間が経っているし、
遠征も長期に渡っていたので、もはや外国馬と同じようなものです。

今回のシュヴァルグランは、遠征帰りというよりは海外勢と同じようなもので、
海外実績を踏まえた上で、
ジャパンCでの適性がどの程度あるかという話なんだと思います。

シュヴァルグランのジャパンC適性は言うまでもなく、相当なものです。

過去3度出走し、いずれも5番人気以下ながら3着→1着→4着で、
凡走は一度もありません。

海外での結果が評価を落としている感じもありますが、
イギリスのG1で結果を出せる日本馬なんてそうそういませんから、
シュヴァルグランのイギリスでの成績も決して悪くはないです。

多少の不安があっても、狙わないわけにはいかないです。

#京都2歳S 2019 出走馬指数 ◎トウカイデュエル

 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  50   68   67    01 トウカイデュエル
  45   52   75    02 ヴァルナ
  **   71   55    03 ジャストナウ
  **   49   60    04 ロールオブサンダー
  **   64   65    05 インザムード
  **   27   72    06 ミヤマザクラ
  **   34   49    07 ショウナンバレリオ
  **   28   61    08 マイラプソディ
  41   56   66    09 ヒシタイザン



◎ トウカイデュエル

私は黄菊賞と萩S信者なので、
この2つのレースの上位馬がいれば、ノータイムで本命です。

今年の黄菊賞は、人気薄が上位に来たということもあり、
あまり評価が高くないのは分かります。

ただ、これは毎年言うことなんですが、
黄菊賞や萩Sがレベル高くなかったことなんてあります!?

…まあ、あることはありますけど(←これも毎年)、
決して多くはなくて、期待値的には買って損のないレベルだと思います。

ケイティクレバーの年だって、それはもう荒れ放題の黄菊賞でしたけど、
京都2歳では3着に食い込みましたからね。

黄菊賞の評価はあんまり関係なくて、「黄菊賞」そのものが価値なんです。

馬場指数

どうも、とりおやこです。

馬場指数、その他アップしました。
どうぞ、ご利用ください。

11/16(土)
東京 -32 / -9
京都 -12 / -5
福島 -19 / -3

11/17(日)
東京 -22 / -7
京都 -8 / -7
福島 -13 / 0
※いずれも、芝/ダートで表示しています。

#マイルCS 2019 出走馬指数 ◎モズアスコット

 5走前 4走前 3走前 2走前 前走     馬番・馬名
  79   84   98   93   98    01 ダノンキングリー
  81   82   74  102  89    02 グァンチャーレ
  79   96   82   90   96    03 マイスタイル
  86   89   86   93   91    04 レッドオルガ
  76   90   74  104  101   05 インディチャンプ
  56   80   83   94   92    06 フィアーノロマーノ
  84   78   95   89   98    07 ペルシアンナイト
  88   98  102  84   86    08 プリモシーン
  82   78   76   88   87    09 クリノガウディー
  86   83   86   89   88    10 アルアイン
  67   81   88   72   86    11 カテドラル
  **   70  101  97   98    12 モズアスコット
  78   81   72   67   89    13 タイムトリップ
  84   88   78   84  104   14 ダノンプレミアム
  82   79   90   89   96    15 ダイアトニック
  71   79   81   81   88    16 エメラルファイト
  84   73   56   86   93    17 レイエンダ



◎ モズアスコット

マイルCSでは、毎年、毎日王冠組を注目してますが、
毎日王冠からの直行以上に注目したいのが、
そこからさらに、ステップレースを挟んでマイルCSに臨んだ馬です。

毎日王冠は、限りなくG1に近いG2なので、
毎日王冠の成績は、そのままマイルCSでの順位と言ってもいいくらいで、
それ自体が買い要素になり得ると思ってますが、
さらにステップ1戦を挟んだ馬は、かなり信頼度が高いです。

2011年のマイルCSでは、毎日王冠2着のリアルインパクトと買ったんですが、
勝ったのは毎日王冠4着から富士Sを勝ったエイシンアポロンでした。

富士Sは、マイルCSとの直結度が低いので、あまり信用しておらず、
毎日王冠4着馬とは言え、むしろ評価を下げていたんですが、
ステップを挟んだ馬の強さを見せつけられてしまいました。

また、グランプリボスがマイルCSで2着になった年もこのローテで、
毎日王冠から始動した以上、
矢作調教師は意識してないはずがないと思います。

モズアスコットは、OP勝ちもないままG1馬となってしまい、
実力以上に評価されがちなことが多かったため、
個人的には買いにくい馬でしたが、負けが混んだことで、
後期のグランプリボス同様、買い目のある馬になってきたと思います。

プロフィール

とりおやこプロ

Author:とりおやこプロ
「とりおやこ式」へようこそ!

こちらは、
スピード指数による競馬予想サイト
「とりおやこ'S競馬」のブログです。

HOME(とりおやこ'S競馬)

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

『とりおやこ’S競馬』ショートカット

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード